一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構
トップページ
セミナー・講演会のご案内
先端技術産業戦略推進機構について
事業概要
セミナー・講演会の開催結果
調査研究一覧・詳細情報
出版物・広報誌
中小企業技術経営大学校
入会のご案内
サイトマップ
お問い合わせ(メール)

セミナー・講演会のご案内

 

ご参加登録フォームはこちらから

 

「これからの金融機関の使い方」

 昨年10月から、第11期に入った中小企業技術経営大学校MOT.Sは、更なる産学官連携の強化による新たな体制の下に、新機軸を検討し、新たなカリキュラムの編成に向けた取り組みを進めています。
 具体的には、様々な経営革新により、業績を積み上げてこられた経営者の方々から、その戦略や経営管理の在り方を学ぶと共に、日本工業大学専門職大学院との一層の連携深化、経済産業省の産業技術環境局や中小企業庁などの技術と中小企業政策に関係する部署との連携、更にはその政策執行を担当する中小企業基盤整備機構や東京商工会議所などの中小企業の支援機関と密接な関係を築き、中小企業経営の諸課題の解決に向け的確な情報の提供を行い、経営革新や人材育成に資する講座を実施して行きます。
 第8回講座である今回は、西武信用金庫 理事長 落合 寛司 氏に「これからの金融機関の使い方」というタイトルで講義をして頂きます。又、講義のあとには出席者の方々と質疑応答や意見交換の場も設ける予定です。
 情報提供は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) イノベーション推進部 主査 諸橋 淳二 氏に「NEDOの支援事業について」というタイトルでベンチャー・中小・中堅企業向け支援事業の紹介をして頂く予定です。
 多数の皆様のご参加をお待ち致します。

日 時  
平成28年5月21日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院  3階多目的ホール(神保町)
講  義
「これからの金融機関の使い方」
   落合 寛司 氏  西武信用金庫 理事長
情報提供
「NEDOの支援事業について」
   諸橋 淳二 氏  国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 イノベーション推進部 主査

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:265KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

 昨年10月から、第11期に入った中小企業技術経営大学校MOT.Sは、更なる産学官連携の強化による新たな体制の下に、新機軸を検討し、新たなカリキュラムの編成に向けた取り組みを進めています。
 具体的には、様々な経営革新により、業績を積み上げてこられた経営者の方々から、その戦略や経営管理の在り方を学ぶと共に、日本工業大学専門職大学院との一層の連携深化、経済産業省の産業技術環境局や中小企業庁などの技術と中小企業政策に関係する部署との連携、更にはその政策執行を担当する中小企業基盤整備機構や東京商工会議所などの中小企業の支援機関と密接な関係を築き、中小企業経営の諸課題の解決に向け的確な情報の提供を行い、経営革新や人材育成に資する講座を実施して行きます。
 第7回講座である今回は、新潟大学大学院 技術経営研究科 教授 高山 誠 氏に「イノベーションの方向性」というタイトルで講義をして頂きます。また、情報提供は当機構 事務局長 安田 勝が「ASEANについて」〜ASEAN共同体の発足〜というタイトルで講義をする予定です。
 講義のあとには、新しい年度を迎えるにあたって、ディスカッションとしまして〜MOT.Sの今後を考える〜と題して、出席者の皆様方と意見交換をさせて頂く予定です。
 多数の皆様のご参加をお待ち致します。

日 時  
平成28年4月16日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院  3階多目的ホール(神保町)
講  義
「イノベーションの方向性」
   高山  誠 氏  新潟大学大学院 技術経営研究科 教授
情報提供
「ASEANについて」〜ASEAN共同体の発足〜
   安田  勝  事務局長

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:265KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

「サイバーセキュリティ政策の最新動向」
〜国および総務省の情報セキュリティ政策の最新動向について〜

 昨年10月から、第11期に入った中小企業技術経営大学校MOT.Sは、更なる産学官連携の強化による新たな体制の下に、新機軸を検討し、新たなカリキュラムの編成に向けた取り組みを進めています。
 具体的には、様々な経営革新により、業績を積み上げてこられた経営者の方々から、その戦略や経営管理の在り方を学ぶと共に、日本工業大学専門職大学院との一層の連携深化、経済産業省の産業技術環境局や中小企業庁などの技術と中小企業政策に関係する部署との連携、更にはその政策執行を担当する中小企業基盤整備機構や東京商工会議所などの中小企業の支援機関と密接な関係を築き、中小企業経営の諸課題の解決に向け的確な情報の提供を行い、経営革新や人材育成に資する講座を実施して行きます。
 第6回講座である今回は、総務省 情報流通行政局 情報セキュリティ対策室 調査官 中西 悦子 氏に「サイバーセキュリテイ政策の最新動向」というタイトルで講義をして頂きます。又、情報提供は独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)技術本部 セキュリティセンター 調査役 石井 茂 氏に「組織経営の重点課題としてのセキュリティ対策」というタイトルで最近の標準型サイバー攻撃を事例とした情報セキュリティに関する誤解と迷信、重大な経営リスクとしてのサイバーセキュリティリスクマネジメントの本質、内部不正対策およびインターネットバンキングなどについて講義をして頂く予定です。講義のあとには出席者の方々と質疑応答や意見交換の場も設ける予定です。
 多数の皆様のご参加をお待ち致します。

日 時  
平成28年3月26日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院  3階多目的ホール(神保町)
講  義
「サイバーセキュリティ政策の最新動向」
   中西 悦子 氏  総務省 情報流通行政局 情報セキュリティ対策室 調査官
情報提供
「組織経営の重点課題としてのセキュリティ対策」
   石井  茂 氏  独立行政法人 情報処理推進機構 技術本部セキュリティセンター 調査役

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:265KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
HIA 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

「わが社の戦略経営」
〜雪ヶ谷化学工業株式会社〜

 昨年10月から、第11期に入った中小企業技術経営大学校MOT.Sは、更なる産学官連携の強化による新たな体制の下に、新機軸を検討し、新たなカリキュラムの編成に向けた取り組みを進めています。
 具体的には、様々な経営革新により、業績を積み上げてこられた経営者の方々から、その戦略や経営管理の在り方を学ぶと共に、日本工業大学専門職大学院との一層の連携深化、経済産業省の産業技術環境局や中小企業庁などの技術と中小企業政策に関係する部署との連携、更にはその政策執行を担当する中小企業基盤整備機構や東京商工会議所などの中小企業の支援機関と密接な関係を築き、中小企業経営の諸課題の解決に向け的確な情報の提供を行い、経営革新や人材育成に資する講座を実施して行きます。
 第5回講座である今回は、雪ヶ谷化学工業株式会社 代表取締役社長 坂本 昇 氏に「わが社の戦略経営」というタイトルで講義をして頂きます。又、講義のあとには出席者の方々と質疑応答や意見交換の場も設ける予定です。
 又、情報提供は中央電力エナジー株式会社 営業部マネージャー 河原 典仁 氏に「誰でもわかる電力自由化の話」〜電力の完全自由化直前!企業はどうするべき?〜というタイトルで講義をして頂く予定です。
 多数の皆様のご参加をお待ち致します。

日 時  
平成28年2月20日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院  3階多目的ホール(神保町)
講  義
わが社の戦略経営
   坂本  昇 氏  雪ヶ谷化学工業株式会社 代表取締役社長
情報提供
「誰でもわかる電力自由化の話」〜電力の完全自由化直前!企業はどうするべき?〜
   河原 典仁 氏  中央電力エナジー株式会社 営業部マネージャー

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:265KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
HIA 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

2016年をむかえるにあたって
〜みんなで語る新年の抱負とMOT.S〜

 昨年10月から、第11期に入った中小企業技術経営大学校MOT.Sは、更なる産学官連携の強化による新たな体制の下に、新機軸を検討し、新たなカリキュラムの編成に向けた取り組みを進めています。
 具体的には、様々な経営革新により、業績を積み上げてこられた経営者の方々から、その戦略や経営管理の在り方を学ぶと共に、日本工業大学専門職大学院との一層の連携深化、経済産業省の産業技術環境局や中小企業庁などの技術と中小企業政策に関係する部署との連携、更にはその政策執行を担当する中小企業基盤整備機構や東京商工会議所などの中小企業の支援機関と密接な関係を築き、中小企業経営の諸課題の解決に向け的確な情報の提供を行い、経営革新や人材育成に資する講座を実施して行きます。
 第4回講座である今回は、2016年をむかえるにあたって、主催者並びに出席者の方々と「みんなで語る新年の抱負とMOT.S」と題して様々な意見交換の場にしたいと考えています。
 又、情報提供は一般社団法人 首都圏産業活性化協会(TAMA協会)事務局長 小林 弘幸 氏に講義をして頂く予定です。又、講義のあとには出席者の方々と質疑応答や意見交換の場も設ける予定です。
 多数の皆様のご参加をお待ち致します。

日 時  
平成28年1月16日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院  3階多目的ホール(神保町)
ディスカッション
2016年新年の抱負とMOT.Sのあり方
情報提供
   小林 弘幸 氏  一般社団法人 首都圏産業活性化協会 事務局長

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:265KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

大人の鉛筆「北星鉛筆」勇気ある経営大賞特別賞受賞
〜鉛筆製造のトップランナーが語る商品開発の極意〜

 本年10月から、第11期を迎えた中小企業技術経営大学校MOT.Sは、更なる産学官連携の強化による新たな体制の下に、新機軸を検討し、新たなカリキュラムの編成に向けた取り組みを進めています。
 具体的には、様々な経営革新により、業績を積み上げてこられた経営者の方々から、その戦略や経営管理の在り方を学ぶと共に、日本工業大学専門職大学院との一層の連携深化、経済産業省の産業技術環境局や中小企業庁などの技術と中小企業政策に関係する部署との連携、更にはその政策執行を担当する中小企業基盤整備機構や東京商工会議所などの中小企業の支援機関と密接な関係を築き、中小企業経営の諸課題の解決に向け的確な情報の提供を行い、経営革新や人材育成に資する講座を実施して行きます。
 MOT.S第11期の第3回講座である今回は、第13回勇気ある経営大賞特別賞を受賞された北星鉛筆株式会社 代表取締役社長 杉谷 和俊 氏に大人の鉛筆「北星鉛筆」〜鉛筆製造のトップランナーが語る商品開発の極意〜というタイトルで講義をして頂く予定です。又、講義のあとには出席者の方々と質疑応答や意見交換の場も設ける予定です。
 情報提供は日本工業大学 専門職大学院 客員教授の永吉 和雄 氏に講義をして頂く予定です。
 多数の皆様のご参加をお待ち致します。

日 時  
平成27年12月19日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院  4階401教室(神保町)
講  義
大人の鉛筆「北星鉛筆」〜鉛筆製造のトップランナーが語る商品開発の極意〜
   杉谷 和俊 氏  北星鉛筆株式会社 代表取締役社長
情報提供
   永吉 和雄 氏  日本工業大学 専門職大学院 客員教授

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:265KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

「わが社の経営戦略」〜熱処理の明日を開く、技術のKAMIJIMA〜

 本年10月から、第11期を迎えた中小企業技術経営大学校MOT.Sは、更なる産学官連携の強化による新たな体制の下に、新機軸を検討し、新たなカリキュラムの編成に向けた取り組みを進めています。
 具体的には、様々な経営革新により、業績を積み上げてこられた経営者の方々から、その戦略や経営管理の在り方を学ぶと共に、日本工業大学専門職大学院との一層の連携深化、経済産業省の産業技術環境局や中小企業庁などの技術と中小企業政策に関係する部署との連携、更にはその政策執行を担当する中小企業基盤整備機構や日本商工会議所などの中小企業の支援機関と密接な関係を築き、中小企業経営の諸課題の解決に向け的確な情報の提供を行い、経営革新や人材育成に資する講座を実施して行きます。
 MOT.S第11期の第2回講座である今回は主催者を代表して副学長のオッスイレブンテクニカル協同組合理事長 山本 勝弘 氏の挨拶に続き、株式会社 上島熱処理工業所 代表取締役 上島 秀美 氏に「わが社の経営戦略」〜熱処理の明日を開く、技術のKAMIJIMA〜というタイトルで講義をして頂く予定です。又、講義のあとには出席者の方々と質疑応答や意見交換の場も設ける予定です。
 多数の皆様のご参加をお待ち致します。

日 時  
平成27年11月21日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院  4階401教室(神保町)
講  義
「わが社の経営戦略」〜熱処理の明日を開く、技術のKAMIJIMA〜
   上島 秀美 氏  株式会社 上島熱処理工業所 代表取締役

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:265KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

30周年記念講演会

■世界経済の現状と日本経済のゆくえ■

 私共は、1985年9月に設立され、2012年7月からは現在の「一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構」に衣替えし、今年で30周年を迎えております。設立以来、産・政・学・官・民の連携による広範囲なリテラシーの結集によって、我が国の経済の維持・成長を図るイノベーションの推進に努力して参りました。これも、ひとえに皆様方のご支援ご協力の賜物と深く感謝する次第です。
 さて、当機構では、この30周年を記念して、本年1月には「2015年 科学技術イノベーション戦略を考える」というタイトルの新春シンポジウム、また、7月には「我が国のイノベーションシステムの強化について」というタイトルで当機構総会の記念講演会を開催して参りました。
 今回は今年の締めくくりとして、マクロ経済や国際金融の専門家である、独立行政法人 経済産業研究所 理事長 中島 厚志 氏をお招きして「世界経済の現状と日本経済のゆくえ」というタイトルで30周年記念講演会を開催致します。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時 
平成27年11月30日(月) 13時30分〜15時00分
会 場
商工会館 6階 会議室(霞ヶ関ビル裏手)
主 催 
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構
共 催 
一般社団法人 世界貿易センター東京
講 演
「世界経済の現状と日本経済のゆくえ」
   中島 厚志 氏  独立行政法人 経済産業研究所 理事長
参加費
3,000円 参加実費(資料代、会場費等)として
(但し、当機構の会員、役員・評議員の方は無料とさせていただきます)
お申し込み
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、こちらのFAX送付状 出欠連絡表【FAX送付状 出欠連絡表】231KBにてお申し込み下さい。

お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp
 

「MOT.S第11期開講をむかえるにあたって」

 本年10月から、第11期を迎える中小企業技術経営大学校MOT.Sは、更なる産学官連携の強化による新たな体制の下に、新機軸を検討し、新たなカリキュラムの編成に向けた取り組みを進めています。
 具体的には、様々な経営革新により、業績を積み上げてこられた経営者の方々から、その戦略や経営管理の在り方を学ぶと共に、日本工業大学専門職大学院との一層の連携深化、経済産業省の産業技術環境局や中小企業庁などの技術と中小企業政策に関係する部署との連携、更にはその政策執行を担当する中小企業基盤整備機構や日本商工会議所などの中小企業の支援機関と密接な関係を築き、中小企業経営の諸課題の解決に向け的確な情報の提供を行い、経営革新や人材育成に資する講座を実施して行きます。
 第1回講座である今回は、MOT.S第11期開講をむかえるにあたって主催者を代表して副学長の上野 保 氏の挨拶並びに中小企業基盤整備機構 理事 渡部 寿彦 氏に「中小企業の成長とイノベーション」(仮)というタイトルで特別講義をして頂く予定です。又、特別講義のあとには出席者の方々と質疑応答や意見交換の場も設ける予定です。
 多数の皆様のご参加をお待ち致します。

日 時  
平成27年10月17日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院  4階401教室(神保町)
特別講義
「中小企業の成長とイノベーション」
   渡部 寿彦 氏  中小企業基盤整備機構 理事

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:265KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

「グローバル環境での金型産業 トピックを含めて」
〜株式会社 長津製作所 牧野会長〜

 昨年10月から、第10期を迎える中小企業技術経営大学校MOT.Sは、更なる産学官連携の強化による新たな体制の下に、新機軸を検討し、新たなカリキュラムの編成に向けた取り組みを進めています。
 具体的には、様々な経営革新により、業績を積み上げてこられた経営者の方々から、その戦略や経営管理の在り方を学ぶと共に、日本工業大学専門職大学院との一層の連携深化、経済産業省の産業技術環境局や中小企業庁などの技術と中小企業政策に関係する部署との連携、更にはその政策執行を担当する中小企業基盤整備機構や日本商工会議所などの中小企業の支援機関と密接な関係を築き、中小企業経営の諸課題の解決に向け的確な情報の提供を行い、経営革新や人材育成に資する講座を実施して行きます。
 第10期の最終回(第12回)講座である今回は、株式会社 長津製作所 代表取締役 執行役員会長 牧野 俊清氏に「グローバル環境での金型産業 トピックを含めて」というタイトルで講義をして頂く予定です。また、講義のあとには 出席者の方々と質疑応答や意見交換の場も設ける予定です。
 情報提供は、日本工業大学 大学院技術経営研究科 教授 佐々木 勉氏に『「技術の構造」と新産業』というタイトルで、「技術の構造」についての試論を基に、事業活動を推進しながら技術的な競争力を強化するための方向について、宇宙・航空産業や植物工場などの中小企業向け新産業を題材に講義をして頂く予定です。
 多数の皆様のご参加をお待ち致します。

日 時  
平成27年9月26日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院  3階多目的ホール(神保町)
講 義
「グローバル環境での金型産業 トピックを含めて」
   牧野 俊清 氏  株式会社 長津製作所 代表取締役会長
情報提供
『「技術の構造」と新産業』
   佐々木 勉 氏  日本工業大学 大学院技術経営研究科 教授

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:265KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

「少額投資で大きな効果、クラウドの活用」
〜中小企業の上手なITとの付き合い方〜

 昨年10月から、第10期を迎える中小企業技術経営大学校MOT.Sは、更なる産学官連携の強化による新たな体制の下に、新機軸を検討し、新たなカリキュラムの編成に向けた取り組みを進めています。
 具体的には、様々な経営革新により、業績を積み上げてこられた経営者の方々から、その戦略や経営管理の在り方を学ぶと共に、日本工業大学専門職大学院との一層の連携深化、経済産業省の産業技術環境局や中小企業庁などの技術と中小企業政策に関係する部署との連携、更にはその政策執行を担当する中小企業基盤整備機構や日本商工会議所などの中小企業の支援機関と密接な関係を築き、中小企業経営の諸課題の解決に向け的確な情報の提供を行い、経営革新や人材育成に資する講座を実施して行きます。
 その第11回講座である今回は、株式会社デジタルスフィア 代表取締役社長 宮野 浩一氏に「少額投資で大きな効果、クラウドの活用」〜中小企業の上手なITとの付き合い方〜というタイトルで講義をして頂きます。また、講義のあとには出席者の方々とディスカッション形式で質疑応答や意見交換の場も設ける予定です。
 情報提供は、一般社団法人 世界貿易センター東京 参与 高口 章氏に「先進国における資産保全の再考」というタイトルで、先進国経済の成熟期を迎えた中での、今後の適正な資産保全の考え方を、国内外機関投資家動向や市場特性の変化について再考するという内容の講義をして頂きます。
 多数の皆様のご参加をお待ち致します。

日 時  
平成27年8月22日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院  3階多目的ホール(神保町)
講 義
「少額投資で大きな効果、クラウドの活用」〜中小企業の上手なITとの付き合い方〜
   宮野 浩一 氏  株式会社デジタルスフィア 代表取締役社長
情報提供
「先進国における資産保全の再考」
   高口  章 氏  一般社団法人 世界貿易センター東京 参与

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:265KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

「Made in Japanにこだわった品質」
武州工業株式会社 第10回「勇気ある経営大賞」優秀賞受賞

 昨年10月から、第10期を迎える中小企業技術経営大学校MOT.Sは、更なる産学官連携の強化による新たな体制の下に、新機軸を検討し、新たなカリキュラムの編成に向けた取り組みを進めています。
 具体的には、様々な経営革新により、業績を積み上げてこられた経営者の方々から、その戦略や経営管理の在り方を学ぶと共に、日本工業大学専門職大学院との一層の連携深化、経済産業省の産業技術環境局や中小企業庁などの技術と中小企業政策に関係する部署との連携、更にはその政策執行を担当する中小企業基盤整備機構や日本商工会議所などの中小企業の支援機関と密接な関係を築き、中小企業経営の諸課題の解決に向け的確な情報の提供を行い、経営革新や人材育成に資する講座を実施して行きます。
 今回(第10回講座)は、第10回「勇気ある経営大賞」優秀賞を受賞された武州工業株式会社 代表取締役 林 英夫氏に「Made in Japanにこだわった品質」というタイトルでご講義をして戴く予定です。同社は1951年創業以来、自動車用の熱交換パイプ及び板金部品の製造を行っておりますが、少品種大量生産から多品種少量生産のできる工場へ転換を図り、国内生産でも世界と戦える品質と価格競争力のあるモノづくりを実現し、更に医療機器分野にも挑戦されていると聞いております。又、講義のあとには出席者の方々と質疑応答や意見交換の場も設ける予定です。
 情報提供は、新潟大学大学院 技術経営研究科 教授 高山 誠 氏に「最近の研究テーマから」というタイトルで情報提供をして戴く予定です。
 多数の皆様のご参加をお待ち致します。

日 時  
平成27年7月18日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院  4階401教室(神保町)
講 義
「Made in Japanにこだわった品質」
   林  英夫 氏  武州工業株式会社 代表取締役
情報提供
「最近の研究テーマから」
   高山  誠 氏  新潟大学大学院 技術経営研究科 教授

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:265KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

「2015年版中小企業白書とは」
中小企業庁

 昨年10月から、第10期を迎える中小企業技術経営大学校MOT.Sは、更なる産学官連携の強化による新たな体制の下に、新機軸を検討し、新たなカリキュラムの編成に向けた取り組みを進めています。
 具体的には、様々な経営革新により、業績を積み上げてこられた経営者の方々から、その戦略や経営管理の在り方を学ぶと共に、日本工業大学専門職大学院との一層の連携深化、経済産業省の産業技術環境局や中小企業庁などの技術と中小企業政策に関係する部署との連携、更にはその政策執行を担当する中小企業基盤整備機構や日本商工会議所などの中小企業の支援機関と密接な関係を築き、中小企業経営の諸課題の解決に向け的確な情報の提供を行い、経営革新や人材育成に資する講座を実施して行きます。
 その第9回講座である今回は、中小企業庁 事業環境部 企画課 調査室 室長 水野正人氏に2015年版中小企業白書についてご講義をして戴く予定です。この白書では最近の中小企業・小規模事業者の動向についての分析に加え、より中長期的な観点から、中小企業・小規模事業者の収益力、地域の競争力につて分析を行っています。また、講義のあとには出席者の方々とディスカッション形式で質疑応答や意見交換の場も設ける予定です。
 情報提供は、当機構 事務局長の安田 勝が「タイの基礎知識」というタイトルでタイが加盟しているASEANや今年からスタートするASEAN共同体、タイが現在抱えている諸問題について講義をする予定です。
 多数の皆様のご参加をお待ち致します。

日 時  
平成27年6月20日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院 3階多目的ホール(神保町)
講 義
「2015年版中小企業白書とは」
   水野 正人 氏  中小企業庁 事業環境部 企画課 調査室 室長
情報提供
「タイの基礎知識」〜「微笑みの国」から「微笑みを失った国」へ〜
   安田  勝  当機構 事務局長

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:265KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

株式会社 エリオニクス 〜GNT企業への成長の軌跡〜
「トップを維持するマネジメント」

 昨年10月から、第10期を迎える中小企業技術経営大学校MOT.Sは、更なる産学官連携の強化による新たな体制の下に、新機軸を検討し、新たなカリキュラムの編成に向けた取り組みを進めています。
 具体的には、様々な経営革新により、業績を積み上げてこられた経営者の方々から、その戦略や経営管理の在り方を学ぶと共に、日本工業大学専門職大学院との一層の連携深化、経済産業省の産業技術環境局や中小企業庁などの技術と中小企業政策に関係する部署との連携、更にはその政策執行を担当する中小企業基盤整備機構や日本商工会議所などの中小企業の支援機関と密接な関係を築き、中小企業経営の諸課題の解決に向け的確な情報の提供を行い、経営革新や人材育成に資する講座を実施して行きます。
 その第8回講座である今回は、株式会社 エリオニクス 代表取締役社長 岡林 徹行氏に「トップを維持するマネジメント」〜GNT企業への成長の軌跡〜 というタイトルでご講義をして戴く予定です。
 同社は1975年の創業以来、徹底して培ってきたナノテクノロジーのノウハウを駆使し、微細加工・計測分析の分野において品質と性能を徹底的に追及し、最先端のナノテク製品を生み出しておられるGNT企業です。また、講義のあとには出席者の方々とディスカッション形式で質疑応答や意見交換の場も設ける予定です。
 情報提供は、椙山女学園大学 大学院現代マネジメント研究科 講師の中本 龍市 氏に「サービス産業に於けるブランドとは」〜国際展開時におけるブランドイメージの事例研究〜(仮)というタイトルで講義をして戴く予定です。
 多数の皆様のご参加をお待ち致します。

日 時  
平成27年5月16日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院 3階多目的ホール(神保町)
講 義
株式会社 エリオニクス 〜GNT企業への成長の軌跡〜 「トップを維持するマネジメント」
   岡林 徹行 氏  株式会社 エリオニクス 代表取締役社長
情報提供
「サービス産業に於けるブランドとは」〜国際展開時におけるブランドイメージの事例研究〜
   中本 龍市 氏  椙山女学園大学 大学院現代マネジメント研究科 講師

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:274KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

独立行政法人 中小企業基盤整備機構
「中小企業のグローバル展開に関する留意点 〜ASEAN経済統合の影響〜」

 昨年10月から、第10期を迎える中小企業技術経営大学校MOT.Sは、更なる産学官連携の強化による新たな体制の下に、新機軸を検討し、新たなカリキュラムの編成に向けた取り組みを進めています。
 具体的には、様々な経営革新により、業績を積み上げてこられた経営者の方々から、その戦略や経営管理の在り方を学ぶと共に、日本工業大学専門職大学院との一層の連携深化、経済産業省の産業技術環境局や中小企業庁などの技術と中小企業政策に関係する部署との連携、更にはその政策執行を担当する中小企業基盤整備機構や日本商工会議所などの中小企業の支援機関と密接な関係を築き、中小企業経営の諸課題の解決に向け的確な情報の提供を行い、経営革新や人材育成に資する講座を実施して行きます。
 その第7回講座である今回は、独立行政法人 中小企業基盤整備機構 関東本部 販路開拓部 国際化支援課 兼マーケティング支援課 課長 飯田 学氏に「中小企業のグローバル展開に関する留意点 〜ASEAN経済統合の影響〜」というタイトルでご講義をして戴く予定です。また、講義のあとには出席者の方々とディスカッション形式で質疑応答や意見交換の場も設ける予定です。
 情報提供は、当機構 事務局長である 安田 勝が「タイ自動車産業〜なぜここまで発展したのか〜」というタイトルで講義をする予定です。
 多数の皆様のご参加をお待ち致します。

日 時  
平成27年4月18日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院 4階401教室(神保町)
講 義
中小企業のグローバル展開に関する留意点 〜ASEAN経済統合の影響〜
   飯田  学 氏  独立行政法人 中小企業基盤整備機構 関東本部
 販路開拓部 国際化支援課 兼マーケティング支援課 課長
情報提供
タイ自動車産業 〜なぜここまで発展したのか〜
   安田  勝  当機構 事務局長

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:252KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

一歩先を目指した高品質・高精度のモノづくり
〜石川金網株式会社〜

 昨年10月から、第10期を迎える中小企業技術経営大学校MOT.Sは、更なる産学官連携の強化による新たな体制の下に、新機軸を検討し、新たなカリキュラムの編成に向けた取り組みを進めています。
 具体的には、様々な経営革新により、業績を積み上げてこられた経営者の方々から、その戦略や経営管理の在り方を学ぶと共に、日本工業大学専門職大学院との一層の連携深化、経済産業省の産業技術環境局や中小企業庁などの技術と中小企業政策に関係する部署との連携、更にはその政策執行を担当する中小企業基盤整備機構や日本商工会議所などの中小企業の支援機関と密接な関係を築き、中小企業経営の諸課題の解決に向け的確な情報の提供を行い、経営革新や人材育成に資する講座を実施して行きます。
 その第6回講座である今回は、金網、パンチングメタルの専門メーカーである石川金網株式会社の石川社長に同社のこれまでの取り組みや経営方針並びに今後の会社の方向性などを中心にご講義をして戴く予定です。同社は金網専門メーカーとして自動車、電機、農機、建設機械、各種機械、プラント設備、化学工業、建設用など多方面にわたる金網について試作開発から多品種少量生産、大量生産などきめ細かくユーザーに対応されていると聞いております。また、講義のあとには出席者の方々と質疑応答や意見交換の場も設ける予定です。
 また、情報提供は、中小企業診断士 高島 利尚氏を講師にお招きしてご講義をして戴く予定です。
 多数の皆様のご参加をお待ち致します。

日 時  
平成27年3月28日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院  3階 多目的ホール(神保町)
講 義
一歩先を目指した品質・高精度のモノづくり
   石川 裕雄 氏  石川金網株式会社 代表取締役社長
情報提供
中小企業支援策活用について
   高島 利尚  一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 監事、中小企業診断士

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:252KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

〜東京中小企業投資育成株式会社〜
「優良企業をめざして次のステージへ投資と育成でサポート」

 この10月から、第10期を迎える中小企業技術経営大学校MOT.Sは、更なる産学官連携の強化による新たな体制の下に、新機軸を検討し、新たなカリキュラムの編成に向けた取り組みを進めています。
 具体的には、様々な経営革新により、業績を積み上げてこられた経営者の方々から、その戦略や経営管理の在り方を学ぶと共に、日本工業大学専門職大学院との一層の連携深化、経済産業省の産業技術環境局や中小企業庁などの技術と中小企業政策に関係する部署との連携、更にはその政策執行を担当する中小企業基盤整備機構や日本商工会議所などの中小企業の支援機関と密接な関係を築き、中小企業経営の諸課題の解決に向け的確な情報の提供を行い、経営革新や人材育成に資する講座を実施して行きます。
 その第5回講座である今回は、前回講義戴きました中小企業庁の政策に基づき、中堅・中小企業の成功発展を支援する政策実施機関である東京中小企業投資育成株式会社の取締役 竹本 雅則 氏に公的な機関としての投資と育成についての活用メリットを中心にご講義して戴く予定です。また、講義のあとには高島 利尚 氏にコーディネ―ターをお願いし、出席者の方々とのディスカッションの場を設ける予定です。
 一方、情報提供は当機構の事務局次長である山口 哲朗が「イタリアの産業クラスター」(仮)というタイトルで講義をする予定です。
 多数の皆様のご参加をお待ち致します。

日 時  
平成27年2月21日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院  3階 多目的ホール(神保町)
講 義
〜東京中小企業投資育成株式会社〜
「優良企業をめざして次のステージへ投資と育成でサポート」
   竹本 雅則 氏  東京中小企業投資育成株式会社 取締役
ディスカッション
   コーディネータ : 高島 利尚 氏  中小企業診断士
情報提供
   山口 哲朗  当機構 事務局次長

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:252KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

2015年新春シンポジウム

■科学技術イノベーション戦略を考える■

 当機構は1985年9月24日に設立され、今年で30周年を迎えることになりました。設立以来、産・学・官・政を結ぶ、英知結集の場、あるいは企業相互の情報交流の場を提供すべく、積極的に活動を続けてまいりました。
 最近では特に超党派議員連盟“科学技術の会”の事務局としての活動や中小企業技術大学校(MOT.S)の運営などに注力しております。
 さて、日本の今後の成長戦略においては、科学技術イノベーションの推進が不可欠であります。日本の産業の活性化には、競争力のある未来開拓型のイノベーション創出を強化し、新しい産業分野を切り開いて行くことが欠かせません。その為にも政府、産業界、大学等の研究・技術開発の面で、各界の連携強化が重要となります。
 また、日本の益々の発展のためには、イノベーション外交を積極的に推進して行くことが喫緊の重要課題であります。対象としては生命科学、エネルギー、IT、ナノテク・材料、防災などの分野が考えられ、特に、新興国への技術援助に注力すべきであると認識しております。
 今回のシンポジウムでは、各界の有識者の方々にご参集頂き、科学技術イノベーション推進のための戦略的視点、取り組むべき課題等についてご議論頂きます。
 関係各位のご参加をお願い申し上げます。

日 時  
平成27年1月29日(水) 午後1時00分〜3時45分
会 場
学士会館2階 202号室(東京・神保町)
主 催  
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構
共 催  
議員連盟 科学技術の会
後 援  
一般社団法人 世界貿易センター東京、科学新聞社
挨  拶
   三浦 宏一  当機構 理事長
基調講演
「科学技術イノベーション戦略」
   岸  輝雄 氏  当機構 会長、東京大学 名誉教授
特別講演
「議員連盟“科学技術の会”の当面の課題」
講 演1
   橋本 和仁 氏  東京大学大学院 工学系研究科 教授、総合科学技術会議議員
講 演2
   上田 隆之 氏  経済産業省 資源エネルギー庁長官
参加費
3,000円 参加実費(資料代、会場費等)として
(但し、当機構の会員、役員・評議員の方は無料とさせていただきます)
お申し込み
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、こちらのFAX送付状 出欠連絡表【FAX送付状 出欠連絡表】231KBにてお申し込み下さい。

お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp
 

〜中小企業のイノベーション促進施策について〜

 昨年10月から、第10期を迎える中小企業技術経営大学校MOT.Sは、更なる産学官連携の強化による新たな体制の下に、新機軸を検討し、新たなカリキュラムの編成に向けた取り組みを進めています。
 具体的には、様々な経営革新により、業績を積み上げてこられた経営者の方々から、その戦略や経営管理の在り方を学ぶと共に、日本工業大学専門職大学院との一層の連携深化、経済産業省の産業技術環境局や中小企業庁などの技術と中小企業政策に関係する部署との連携、更にはその政策執行を担当する中小企業基盤整備機構や日本商工会議所などの中小企業の支援機関と密接な関係を築き、中小企業経営の諸課題の解決に向け的確な情報の提供を行い、経営革新や人材育成に資する講座を実施して行きます。
 その第4回講座である今回は、2015年の初回ということで、中小企業庁 経営支援部 技術・経営革新課(イノベーション課)課長の平井 淳生 氏に中小企業のイノベーション促進施策についてご講義して戴く予定です。平井課長よりは「中小企業の持つ技術やノウハウは貴重な資源です。ものづくり中小企業の技術力強化に向けた研究開発、中小サービス事業者におけるサービス革新への取り組みなど、中小企業のイノベーションへの取り組みに対する支援施策について、皆様と議論したいと思います。」とのメッセージを頂いております。
 また、当機構の副会長である仲上 健一 氏(一般社団法人サスティナビリティ・サイエンス・コンソーシアム理事長)に「水危機へ戦略的適応策と統合的水管理 −サステイナビリティ評価の目指すもの−」というタイトルのご講義をして戴く予定です。
 多数の皆様のご参加をお待ち致します。

日 時  
平成27年1月17日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院  3階 多目的ホール(神保町)
講 義1
「中小企業のイノベーション促進施策について」
   平井 淳生 氏  中小企業庁 経営支援部 技術・経営革新課(イノベーション課) 課長
講 義2
「水危機へ戦略的適応策と統合的水管理 −サステイナビリティ評価の目指すもの−」
   仲上 健一 氏  一般社団法人 サスティナビリティ・サイエンス・コンソーシアム 理事長
当機構 副会長

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:252KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

〜デジタルピッキングシステム〜
「流通と生産現場の効率化のために世界に向けて挑戦」

 この10月から、第10期を迎える中小企業技術経営大学校MOT.Sは、更なる産学官連携の強化による新たな体制の下に、新機軸を検討し、新たなカリキュラムの編成に向けた取り組みを進めています。
 その第3回講座である今回は、東京商工会議所の第12回「勇気ある経営大賞」の大賞を受賞された、株式会社アイオイ・システムの 多田 潔 社長に、同社の主力製品の物流のペーパーレス化に貢献する製品である「スマートタグ」を活用した「デジタルピッキングシステム」についての解説を中心にご講義をして戴く予定です。
 また、情報提供は、新潟大学大学院技術経営研究科の 高山 誠 教授(経営工学博士)に企業のマネジメントに役立つ内容のご講義をして戴く予定です。
 多数の皆様のご参加をお待ち致します。

日 時  
平成26年12月20日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院  3階 多目的ホール(神保町)
講 義
〜デジタルピッキングシステム〜
「流通と生産現場の効率化のために世界に向けて挑戦」
   多田  潔 氏  株式会社アイオイ・システム 代表取締役
ディスカッション
   コーディネータ : 高島 利尚 氏  中小企業診断士
情報提供
   高山  誠 氏  新潟大学大学院 技術経営研究科 教授

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:252KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

「失敗とリストラ経営の神髄」
〜3.11東日本大震災の被害からの復活と新製品開発へ向けて〜

 この10月から、第10期に入った中小企業技術経営大学校MOT.Sは、さらなる産学官連携の強化による新たな体制のもとに、新基軸を検討し、新たなカリキュラムの編成に向けた取組みを進めています。
 具体的には、様々な経営革新により、業績を積み上げてこられた経営者の方々から、その戦略や経営管理のあり方を学ぶと共に、日本工業大学専門職大学院との一層の連携進化、経済産業省の産業技術環境局や中小企業庁などの技術と中小企業政策に携わる部署との連携、更にはその政策の執行を担当する中小企業基盤整備機構や日本商工会議所などの中小企業の支援機関と密接な関係を築き、中小企業経営の諸課題の解決に向け的確な情報の提供を行い、経営革新や人材育成に資する講座を実施して行きます。
 その第2回講座である今回は、3.11東日本大震災により相馬、北茨城の2工場が、甚大な被害を蒙りながらも、この3年間で、業績を復活させたヘルメットの我が国トップメーカー株式会社谷沢製作所の谷澤社長にご登壇いただき、復活への道程で実施しなければならなかったリストラの実情、失敗の連続から生まれようとしている新製品とその開発過程についてご講義いただきます。
 尚、情報提供は、日本工業大学専門職大学院の教授陣からのご登壇を予定しています。
 多数の皆様のご参加をお待ち致します。

日 時  
平成26年11月15日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院  4階 401教室(神保町)
講 義
「失敗とリストラ経営の神髄」
〜3.11東日本大震災の被害からの復活と新製品開発へ向けて〜
   谷澤 和彦 氏  株式会社 谷沢製作所 代表取締役社長
ディスカッション
情報提供
日本工業大学専門職大学院の教授陣からの情報提供を予定

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:261KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

「産業技術政策における標準化の重要性」

 この10月から、第10期を迎える中小企業技術経営大学校MOT,sは、さらなる産学官連携の強化による新たな体制のもとに、新基軸を検討し、新たなカリキュラムの編成に向け、準備をすすめています。
 具体的には、さまざまな経営革新により、業績を積んでこられた経営者の方々から、その戦略や経営管理の在り方を学ぶとともに、日本工業大学専門職大学院との一層の連携深化、経済産業省の産業技術環境局や中小企業庁などの技術と中小企業政策に携わる部署との連携、さらにはその政策の執行を担当する中小企業基盤整備機構や日本商工会議所などの中小企業支援機関と密接な関係を築き、中小企業経営の諸課題の解決に向けた的確な情報の提供を行い、経営革新や人材育成に資する講座を実施します。
 その第1回として、今回は、経済産業省 産業技術環境局長 片瀬裕文氏をお迎えし、国が産業技術政策として経済団体と協力して取り組んでいる「標準化」について、ご講義いただきます。
 標準化の活用は、新技術や優れた製品を速やかに普及させるための重要なビジネスツールとして欠かせない存在であり、特にグローバル化の著しい分野では、その重要性が叫ばれています。今回の講義では「新市場創造型標準化制度」の創設などの取り組みを学び、さらに厳しさが予想される経営環境を乗り切るツールとしての活用を検討されては如何でしょう。
 今回は、本講義に併せて、戦略的に標準化に取り組んでおられる大成プラス株式会社 代表取締役会長成冨正徳氏をお迎えして、ご当社の取り組み実態や成冨会長のお考えをご講義いただきます。
 多数の皆様のご参加をお待ち致します。

日 時  
平成26年10月18日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院  4階 401教室(神保町)
講 義1
「産業技術政策における標準化の重要性」
   片瀬 裕文 氏  経済産業省 産業技術環境局長
講 義2
「標準化に取り組む中小企業からのメッセージ」
   成富 正徳 氏  大成プラス株式会社 代表取締役会長

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:261KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

「ワークスタイルの革新」 〜多様な働き方の活用を探る〜

 第\期の中小企業技術経営大学校MOT,sの講座は、一層激化が予想されるグローバル化の潮流、その中で展開される経営の実態を把握し、成長の可能性探るカリキュラムを編成してきました。今期最終回の9月は、世界のどこからでも、業務の遂行が可能な作業環境の実現に努力している企業の挑戦をテーマに開催します。
 今回、ご登壇されるダンクソフトの星野晃一郎社長は、インターネットや業務システムのコンサルティング(制作・構築)の傍ら、どこでも作業が可能となるワークスタイルの多様化に対応する新たな作業領域の開拓を目指すサテライトオフイス・プロジェクトを立ち上げています。当プロジェクトは、現在、県内の隅々まで、ブロードバンド環境が整備されている徳島県において、都市部(徳島市)と限界集落といわれている同県名西郡神山町の寒村の間での実証実験が徳島県からの依頼で行われており、その成果が期待されています。
 今回のMOT,sでは、サテライトオフイス・プロジェクトの実態をご講義いただき、その活用法などを検討していただきたいと考えております。因みに、星野社長は、7月のワールドカップ時は、ブラジルで観戦しながら、作業日程をこなしていたとのことで、自ら業務の多様化を体験されています。また、これら業務の合理化の一環として、ペーパーレス化に向けての取り組みも行っています。
 なお、情報提供は、日本工業大学専門職大学院の教授陣からのご登壇を予定しています。
 多数の皆様のご参加をお待ち致します。

日 時  
平成26年9月20日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院  4階 401教室(神保町)
講 義
「ワークスタイルの革新」〜多様な働き方の活用を探る〜
   星野晃一郎 氏  株式会社 ダンクソフト 代表取締役社長
ディスカッション
  司会:高島 利尚 氏  中小企業診断士
情報提供
日本工業大学専門職大学院の教授陣からの情報提供を予定

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:261KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

「わが社のIT活用」 〜駐輪場・駐車場運営の効率化を目指して〜

 第\期の中小企業技術経営大学校MOT,sの講座は、一層激化が予想されるグローバル化の潮流、その中で展開される経営の実態を把握し、成長の可能性探るカリキュラムを編成していきます。例年8月は「IT活用」により、業績を伸ばしている「IT経営」の実例を取り上げ、厳しい経営環境を「IT活用」で乗り切っている現状と現在に至るご苦労などをご講義いただきます。
 今回のMOT,sは、中小企業IT経営力大賞において経済産業大臣賞とCIOが中小企業庁長官賞を受賞した芝園開発株式会社の海老沼孝二社長をお招きして、IT化への取り組みを伺います。
 当社は、1986年創業の駐車場・駐輪場の管理運営会社で、現在、東京を中心に駐車場・駐輪場を多数展開しており、さらには放置自転車対策業務の受託や、民間資本による公共駐輪場の再整備事業などを実施しています。創業以来、順調に経営業績を上げてきた当社は、平成18年の道交法改正、平成19年のガソリン高騰、平成20年のリーマンショック等による景気後退の影響から転じた赤字経営状態、その危機感をバネにして、「IT経営」に取り組み、施設管理体制の整備とともに、管理作業の効率化を図り、平成24年度以降、急速にその業績を回復しています。そのポイントは、業種や業態を超えた、共通するIT化の効果と考えられます。
 また、情報提供は近未来に爆発的活用の期待が大きいビックデータについて、その方向などをクラウドサービス推進機構の松島理事長から伺います。多数の皆様のご参加をお待ち致します。

日 時  
平成26年8月23日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院 3階 多目的ホール(神保町)
講 義
「当社のIT活用事例紹介」 〜駐輪場・駐車場運営の効率化を目指して〜
   海老沼孝二 氏  芝園開発株式会社 代表取締役
質疑応答
  コーディネータ:高島 利尚 氏  中小企業診断士
情報提供
ビックデータの活用法
   松島 桂樹 氏  一般社団法人 クラウドサービス推進機構 理事長
ディスカッション
  コーディネータ:高島 利尚 氏  中小企業診断士

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:266KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

〜小規模企業への応援歌〜「2014版中小企業白書」が示すもの

 第\期の中小企業技術経営大学校MOT,sの講座は、一層激化が予想されるグローバル化の潮流、その中で展開される経営の実態を把握し、成長の可能性を探るカリキュラムを編成しております。
 今講座は、例年取り上げている「中小企業白書」、その講義を、2014年版をとりまとめられた、経済産業省 中小企業庁 事業環境部 調査室 調査員 嶋津 直之 氏 から伺います。
 本白書は副題「小規模企業の応援歌」が示すとおり、小規模企業の実態を把握し、その構造を分析したうえ、コネクターハブ企業など、中小企業の新たな動向による発展の芽を取り上げ、新視点からの様々な方策を提案しています。
 また、事例企業には、Webのプラットフォームを活用して、世界の同業者と提携し、わが国の中小企業の海外展示会への出展支援を行い、中小企業のグローバル化への対応に応えている、株式会社 アウトバウンド 社長 伍香 秀真 氏 から、その実状を伺います。
 中小企業白書は、皆様の経営方向や経営戦略を検討する上で欠かせない、わが国全体の中小企業の動向や現状を把握する絶好の機会でもあります。多数の皆様の参加をお待ちします。

日 時  
平成26年7月19日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院 4階 401教室(神保町)
講 義1
〜小規模企業への応援歌〜「2014版中小企業白書」が示すもの
   嶋津 直之 氏  経済産業省 中小企業庁 事業環境部 調査室 調査員
講 義2
〜海外展示会への出展を支援する〜
    白書掲載事例企業「潟Aウトバウンド」の海外支援事業
   伍香 秀真 氏  株式会社アウトバウンド 代表取締役社長
ディスカッション
  コーディネータ:高島 利尚 氏  中小企業診断士

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:251KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

わが社の経営戦略「産業用粘着剤等でアジア市場での存在感を目指して」

 第\期の中小企業技術経営大学校MOT,sの講座は、一層激化が予想されるグローバル化の潮流、その中で展開される経営の実態を把握し、成長の可能性探るカリキュラムを編成していきます。
 今回は、講義1として、戦後間もない1948年設立「小なりとも最良の会社となって社会に貢献」という創業精神の下、独自の技術開発力により、家電・自動車・建材などの分野で使用される粘着剤(高機能テープ製品を含む)、微粉体、特殊機能材等を生産販売し、創業精神の発揚と、株式の公開を実現している綜研化学株式会社の中島会長にご登壇いただき、創業以来の当社の事業活動とその経営戦略および、急速に進む日本製造業のアジア展開に対応する当社の「グローバル戦略」をご講義していただきます。また、化学工業であるが故に取り扱う化学薬品などの危険物、その不安や疑問を解消する近隣住民に対する「CSR活動」などを併せて伺います。
 講義2では、4月のMOT,sで、時間の関係から、更なる講義の期待が大きかった日本工業大学専門職大学院の横田教授に、「素形材企業の目指すべき方向」−海外への展開の可否?−の続編のご講義をいただきます。
 今講座は、老舗化学工業の新たな経営戦略及び産業の基盤である素形材企業(金型等)のグルーバル戦略の留意点など、今後の経営の参考にしていただけるプログラムを用意しました。
 多数の皆様のご参加をお待ちいたします。

日 時  
平成26年6月21日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院 3階 多目的ホール(神保町)
講 義1
わが社の経営戦略「産業用粘着剤等でアジア市場での存在感を目指して」
   中島  幹 氏  綜研化学株式会社 取締役会長
ディスカッション
講 義2
素形材企業の目指すべき方向(続)
   横田悦二郎 氏  日本工業大学専門職大学院 教授

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:258KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

「超微細インクジェット技術の普及を目指して」
〜産総研技術移転ベンチャーの経営戦略〜

 第\期の中小企業技術経営大学校MOT.Sの講座は、一層激化が予想されるグローバル化の潮流、その中で展開される経営の実態を把握し、成長の可能性探るカリキュラムを編成していきます。 講義では、これまで同様、経営推進のエンジンに技術・技能を置き、業績を上げている中小企業経営者及びこれら中小企業を支援する施策担当者等のご登壇、或いは連携する日本工業大学専門職大学院の協力を得て、適切な専門家の派遣を要請していきます。
 講義1の株式会社SIJテクノロジは、産総研(産業技術総合研究所〜つくば市〜)の現役研究者であり、現社長の村田和広氏が、ご自身の発明である「超微細インクジェット技術(SIJ)」の普及を目的に、2005年に産総研技術移転ベンチャーとして認定を取得した「産総発ベンチャー」です。
 同社は創業以来、研究開発や試作用の機器販売を重ね黒字経営を維持しながら他社との共同研究を続け、同社が開発した銅インクを用いて板上に配線幅3ミクロン、ピッチ6ミクロンの銅線を直接形成することにも成功しており、創業に先がけて受賞した「第1回国際ナノテクノロジー総合展ナノテック大賞」(2002年)の研究成果の実用化に向けて着実に歩んでいます。その歩みを学び、厳しい環境を強いられている中小製造業の経営に役立てていただきたく、ご案内いたします。
 講義2につきましては、現在、皆様に役立つ情報等の提供を検討中です。
 多数の皆様のご参加をお待ちいたします。

日 時  
平成26年5月17日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院 4階 401教室(神保町)
講 義1
「超微細インクジェット技術の普及を目指して」
  〜産総研技術移転ベンチャーの経営戦略〜
   村田 和広 氏  株式会社SIJテクノロジ 代表取締社長
 ディスカッション
講 義2
未定

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:259KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

「世界一 質の高いモノづくり企業を目指して」

 第\期の中小企業技術経営大学校MOT,sの講座は、一層激化が予想されるグローバル化の潮流、その中で展開される経営の実態を把握し、成長の可能性探るカリキュラムを編成していきます。 講義では、これまで同様、経営推進のエンジンに技術・技能を置き、業績を上げている中小企業経営者及びこれら中小企業を支援する施策担当者等のご登壇、或いは連携する日本工業大学専門職大学院の協力をえて、適切な専門家の派遣を要請していきます。
 今回は、講義1として、創業40年に亘り、超精密研削加工技術を研究、その技術をベースに精密部品加工、精密プレス加工等で業績を上げる一方、精密金型の開発・量産プロセスまでのソリューション提供へと分野をひろげている株式会社野上技研の野上社長をお招きして、当社の経営戦略をご講義していただきます。当社は、「世界一の質の高いものづくり企業」を目指して、新加工技術の開発とその技術力を軸に積極的に海外展開に取り組んでいます。その実施に当たって活用されている中小企業施策及びジェトロなど支援機関の支援の実態を含め、グローバル化に対処する戦略を学びます。
 講義2は、長年金型産業に携わり、現在、日本工業大学専門職大学院で教鞭を執っておられる横田教授に、「素形材企業の目指すべき方向」をテーマに、海外への展開の可否? を含め、ご講義をいただきます。
 今講座は、サポーティングインダストリーの今後を見据える上で、参考にしていただけるプログラムを用意しました。多数の皆様のご参加をお待ちいたします。

日 時  
平成26年4月19日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院 3階 多目的ホール(神保町)
講 義1
「世界一 質の高いモノづくり企業を目指して」
   野上 良太 氏  株式会社 野上技研 代表取締社長
 ディスカッション
講 義2
「素形材企業の目指すべき方向」
   横田悦二郎 氏  日本工業大学専門職大学院 教授

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:259KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

「伝統工芸品の海外展開」〜わが社の経営戦略〜

 第\期の中小企業技術経営大学校MOT.Sの講座は、一層激化が予想されるグローバル化の潮流、その中で展開される経営の実態を把握し、成長の可能性探るカリキュラムを編成していきます。講義では、これまで同様、経営推進のエンジンに技術・技能を置き、業績を上げている中小企業経営者及びこれら中小企業を支援する施策担当者等にご登壇をいただくと同時に、連携する日本工業大学専門職大学院の協力を得て、専門家として、適切な人材の派遣を要請していきます。
 そのため、今回は、日本の伝統品である「陶磁器」を、アジアの富裕層に向けに展開されておられる株式会社 カネコ小兵製陶所の伊藤克紀 社長から、その海外展開の戦術と実態を伺います。
 同社は、大正10年創業の100年企業、日本一の徳利製造メーカーから現在は食器等の企画、製造販売を行っており、2010年から、独自開発した「ギヤマン陶の器や杯」を〜フランスDiorを通して海外事業を展開し、業績を伸ばしています。 昨年は、経済産業省が主催するクールジャパン戦略。その一環として海外ビジネスに挑戦する企業を対象としたビジネスマッチングイベント『クールジャパン・マッチンググランプリ』の全国大会に出場するなどの活躍がみられます。多数の皆様のご参加をお待ちいたします。
 なお、本講座は、天候不順により止む無く中止とした2月15日の講座を順延実施するものです。

日 時  
平成26年3月8日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院 3階 302教室(神保町)
講 義1
「伝統工芸品の海外展開」〜わが社の経営戦略〜
   伊藤 克紀 氏  株式会社 カネコ小兵製陶所 代表取締社長
ディスカッション
   コーディネータ:塩田 康彦 氏
講 義2
   日本工業大学専門職大学院 教授

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:258KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

2014年新春シンポジウム

■科学技術イノベーション戦略■

 安倍政権発足から1年が経過しました。「明確な物価目標と大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「成長戦略(日本再興戦略)」の三本の矢からなる「アベノミクス」は日本経済に明るいきざしをもたらしました。円安が進行、企業業績が回復し、株価は大きく上昇しました。国内総生産(GDP)は直近4四半期連続で増加、消費者物価指数も上昇基調にあり、脱デフレ期待が高まっています。こうした動きをより確実なものにしていくため、今後成長戦略の着実な実施が期待されています。
 日本の産業再興には、科学技術イノベーションの推進が不可欠です。この実現に向け、政府「総合科学技術会議」の司令塔機能が強化され、規制改革の推進、競争的資金制度の再構築等イノベーションに適した環境創出への取組が進んでいます。エネルギー・次世代インフラ等特定分野の技術を重点的に支援する「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」、挑戦的な研究開発を推進する「革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)」の導入が決定しました。これらを通じた産業競争力の強化、我が国が直面する社会的課題を克服するような研究成果の実現が期待されています。
 一方で、各種規制改革の実施、国際標準化・知的財産戦略の強化、研究支援体制の充実他早急に解決すべき課題も少なくありません。
 今回のシンポジウムでは、関係者にご参集頂き、科学技術イノベーション推進のための戦略的視点、取り組むべき課題等についてご議論頂きます。
 関係各位のご参加をお願い申し上げます。

日 時  
平成26年2月5日(水) 午後2時00分〜4時30分
会 場
学士会館2階 202号室(東京・神保町)
主 催  
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構
協 賛  
議員連盟"科学技術の会"
後 援  
独立行政法人 科学技術振興機構、社団法人 世界貿易センター(東京)、科学新聞社
挨  拶
   岸  輝雄  当機構 会長、東京大学 名誉教授、独立行政法人 物質・材料研究機構 顧問
講  演
「産業技術政策の基本的方向」
   片瀬 裕文 氏  経済産業省 産業技術環境局長
講  演
「再稼働の経済学 − 安全 vs 経済の諸因子」
   北澤 宏一 氏  東京都市大学 学長、当機構 副会長
   コーディネーター  三浦 宏一 当機構 理事長
参加費
3,000円 参加実費(資料代、会場費等)として
(但し、当機構の会員、役員・評議員の方は無料とさせていただきます)
お申し込み
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、こちらのFAX送付状 出欠連絡表【FAX送付状 出欠連絡表】231KBにてお申し込み下さい。

お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp
 

第100回 記念講座「中小企業の技術経営・成長支援策」

 中小企業技術経営大学校(MOT.S)は、2005年開校以来99回開催され、今回が第100回の記念講座となります。
 無事100回を迎えられましたのは、偏に皆様方のご支援・ご協力の賜物であり、厚く御礼申し上げます。
 日本には現在400万社以上の中小企業があり、全企業の99%以上を占めています。日本の産業再興のためには、地域・中小企業の活性化が不可欠であることは論を待ちません。安倍内閣の「日本産業再興プラン」にも中小企業革新の重要性が謳われています。
 今回の記念講座では、特にものづくり分野では欠かせない科学技術イノベーション戦略の現状・課題や、成長の足枷となりかねないエネルギー問題等、日本の企業をとりまく全般的環境や課題にスポットをあて、当中小企業技術経営大学校・学長の岸 輝雄氏、副学長の望月 晴文氏からお話を伺います。
 皆様方のご参加を心よりお待ちいたしております。

日 時  
平成26年1月18日(土) 13:00〜16:30  懇親会(16:30〜)
会 場
日本工業大学神田キャンバス(専門職大学院)4階401教室(神保町)
挨  拶
   柳澤  章 氏  日本工業大学 理事長
挨拶・講演
「科学技術イノベーションの現状と課題」
   岸  輝雄 氏  東京大学 名誉教授、当機構 会長
講  演
「エネルギー政策の長期不在を憂う」
   望月 晴文 氏  東京中小企業投資育成株式会社 代表取締役社長、当機構副会長
情報提供
「平成26年度 中小企業政策の方向」
   三又 裕生 氏  経済産業省中小企業庁長官官房参事官

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:252KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業の事業システム戦略・成長戦略

 12月度の中小企業技術経営大学校は、中小企業が成長していくために必要な事業システムやITシステムにスポットをあて、以下の要領で開催します。
 講演終了後はディスカッション、懇親できるコーナーを設けております。
 ご参加いただくと共に、ご関係各位にもご紹介いただきますよう、よろしくお願いいたします。
 皆様方のご参加を心よりお待ちいたしております。

日 時  
平成25年12月21日(土) 13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院 3階 多目的ホール(神保町)
講 義
「中小企業の事業システム戦略」
   佐々木 勉 氏  日本工業大学 大学院技術経営研究科 教授
講  演
「成功する中小企業の成長戦略」
(資本金50万円でスタートした企業が46年間で売上高150億円企業へ)
   山本 勝弘 氏  オッスイレブンテクニカル協同組合 理事長
講演・ディスカッション
「戦略を支援するITの利活用」
   高島 利尚 氏  中小企業診断士

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:237KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

グローバル・ニッチ・トップ企業はどのように生まれる?

■グローバル・ニッチ・トップ企業研究(その2)■

 11月度の中小企業技術経営大学校は、日本工業大学専門職大学院との共同企画にて、以下の要領で開催します。
 講演終了後はディスカッション、懇親できるコーナーを設けております。
 ご参加いただくと共に、ご関係各位にもご紹介いただきますよう、よろしくお願いいたします。
 皆様方のご参加を心よりお待ちいたしております。

日 時  
平成25年11月30日(土)13:00〜17:00
会 場
日本工業大学 神田キャンパス(専門職大学院) 3階多目的ホール(神保町)
プログラム
「グローバル・ニッチ・トップ企業はどのように生まれるか?」
   小田 恭市  日本工業大学 専門職大学院 専任教授
「事例紹介」
   本目 精吾 氏  株式会社 エリオニクス 代表取締役会長兼CEO
   岡内 完治 氏  株式会社 共立理化学研究所 代表取締役会長
「パネルディスカッション:並みの中小企業がニッチ・トップ・企業へ成長できるか?」
  パネリストは上記基調講演の講演者、モデレーター 小田教授

※終了後懇親会を開催いたします(1時間程度)。是非ご参加ください。(参加費無料)

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:307KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

第151回研究会(社会インフラ部会)

■国土強靭化と成長戦略■

 東日本大震災の教訓を踏まえ、事前防災及び減災その他迅速な復旧復興並びに国際競争力の向上に資する大規模災害等に備えた「国土全域にわたる強靱な国づくり」を目的とした「防災・減災等に資する国土強靱化基本法案」が国会に提出されています。政府においても初代の国土強靭化担当大臣が設置され、我が国の自然災害等に対する脆弱性の評価や、起こってはいけない事態を回避するための施策パッケージとして重点的に取り組むべき15のプログラムを提示するなど、府省横断的な取組みが始まっています。また、今秋以降には、施策分野別の政策課題への対応を中心に、国土強靱化に関する施策の策定に係る基本的な指針となる「国土強靱化政策推進大綱(仮称)」のとりまとめが予定されています。
 社会インフラ部会では、このたび国土強靭化及び復興等の社会資本整備、地域活性化並びに健康・医療に関する成長戦略を担当されておられる、第2次安倍内閣 内閣総理大臣補佐官の和泉 洋人 氏 をお招きし、国土強靭化と成長戦略についてお伺いいたします。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時 
平成25年11月19日(火) 14時00分〜15時30分
会 場
日本教育会館 8階 第三会議室(神保町/竹橋)
主 催
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構社会社会インフラ部会
講 演
国土強靭化と成長戦略
   和泉 洋人 氏 第2次安倍内閣 内閣総理大臣補佐官
(国土強靭化及び復興等の社会資本整備、地域活性化並びに健康・医療に関する成長戦略担当)
座 長
   板倉 英則 氏 一般財団法人 不動産適正取引推進機構 理事長
 当機構 社会インフラ部会 部会長
参加費
3,000円 参加実費(資料代、会場費等)として
(但し、当機構の会員、役員・評議員の方は無料とさせていただきます)
 
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:232KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

第150回研究会(情報通信部会)

■パーソナルデータの活用と課題 〜ビッグデータの時代〜■

 ICT(情報通信技術)の普及により、多種多様な個人に関する情報を含む大量の情報(いわゆるビッグデータ)がネットワークを通じ流通する社会を迎えています。
 パーソナルデータの活用によって、新事業の創出、国民の利便性の向上、より安心・安全な社会の実現等が期待されるところです。
 一方、個人に関する大量の情報が集積・利用されることに関しては、プライバシー保護の観点から様々な課題が指摘されています。又、クラウドサービスなど国境を越えた情報の流通が容易になってきており、国際的な調和の取れた自由な情報の流通とプライバシー保護等の双方を確保する必要性が高まっています。
 情報通信部会では、このたび我が国の電気通信政策に関して中心的な役割を担い、スマートフォンの利用者情報の取扱いをはじめ、プライバシー保護と利活用のバランスに配慮したパーソナルデータの利活用ルールの明確化等に取り組んでおられる総務省・総合通信基盤局の玉田 康人 氏 をお招きし、データ活用の現状と課題についてお伺いいたします。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時 
平成25年11月7日(木) 14時00分〜15時30分
会 場
商工会館 6階 「会議室」(東京・霞が関)
主 催
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構社会 情報通信部会
講 演
パーソナルデータの活用と課題 〜ビッグデータの時代〜
   玉田 康人 氏 総務省 総合通信基盤局 電気通信事業部 消費者行政課長
座 長
   土居 範久 氏 慶応義塾大学 名誉教授、独立行政法人 科学技術振興機構 顧問
 当機構 情報通信部会 部会長
参加費
3,000円 参加実費(資料代、会場費等)として
(但し、当機構の会員、役員・評議員の方は無料とさせていただきます)
 
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:225KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業の革新と中小企業政策の方向

 10月度の中小企業技術経営大学校は、中小企業の革新と中小企業政策の方向について、以下の要領で開催します。
 講演終了後はディスカッション、懇親できるコーナーを設けております。
 ご参加いただくと共に、ご関係各位にもご紹介いただきますよう、よろしくお願いいたします。
 皆様方のご参加を心よりお待ちいたしております。

日 時  
平成25年10月19日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 専門職大学院 3階 多目的ホール(神保町)
講 義
「中小企業の革新と中小企業政策の方向」
   三又 裕生 氏  経済産業省中小企業庁長官官房参事官
パネルディスカッション「わが社の中小企業施策活用」
パネラー
   上野  保 氏  東成エレクトロビーム株式会社 代表取締役会長
   岡林 徹也 氏  株式会社 エリオニクス 代表取締役社長
   上島 秀美 氏  株式会社 上島熱処理工業所 代表取締役社長
コーディネーター
   高島 利尚 氏  中小企業診断士

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:259KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業とMOT

■長期的展望を踏まえた技術経営■

 9月度の中小企業技術経営大学校は、新事業展開について、以下の要領で開催します。
 講演終了後はディスカッション、懇親できるコーナーを設けております。
 ご参加いただくと共に、ご関係各位にもご紹介いただきますよう、よろしくお願いいたします。
 皆様方のご参加を心よりお待ちいたしております。

日 時  
平成25年9月21日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 神田キャンパス(専門職大学院) 5階 501教室(神保町)
講 義
「中小企業の革新と中小企業政策の方向」
   三又 裕生 氏  経済産業省中小企業庁長官官房参事官
パネルディスカッション「わが社の中小企業施策活用」
パネラー
   上野  保 氏  東成エレクトロビーム株式会社 代表取締役会長
   岡林 徹也 氏  株式会社 エリオニクス 代表取締役社長
   上島 秀美 氏  株式会社 上島熱処理工業所 代表取締役社長
コーディネーター
   高島 利尚 氏  中小企業診断士

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:259KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業とMOT

■長期的展望を踏まえた技術経営■

 9月度の中小企業技術経営大学校は、新事業展開について、以下の要領で開催します。
 講演終了後はディスカッション、懇親できるコーナーを設けております。
 ご参加いただくと共に、ご関係各位にもご紹介いただきますよう、よろしくお願いいたします。
 皆様方のご参加を心よりお待ちいたしております。

日 時  
平成25年9月21日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 神田キャンパス(専門職大学院) 5階 501教室(神保町)
第1部
「中小企業とMOT 〜長期的展望を踏まえた技術経営〜」
   上原 健一 氏  筑波大学産学リエゾン共同研究センター教授
「MOT.S開講の新たな方向」
   三浦 宏一  当機構理事長、一般社団法人 世界貿易センター東京 理事長
第2部
情報提供
   塩田 康彦 氏  経営サポート機構 代表

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:247KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

わが社のIT戦略

■経営戦略勉強会から始まったITへの取り組み■

 8月度の中小企業技術経営大学校は、新事業展開について、以下の要領で開催します。
 講演終了後はディスカッション、懇親できるコーナーを設けております。
 ご参加いただくと共に、ご関係各位にもご紹介いただきますよう、よろしくお願いいたします。
 皆様方のご参加を心よりお待ちいたしております。

日 時  
平成25年8月24日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 神田キャンパス(専門職大学院) 5階 501教室(神保町)
第1部
「わが社のIT戦略 〜経営戦略勉強会から始まったITへの取り組み〜」
   戸口 儀隆 氏  株式会社 アイジェクト 代表取締役社長
第2部
グループディスカッション
   高島 利尚 氏  中小企業診断士
第3部
情報提供(未定)

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:264KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

わが社の経営戦略

■自然との共生を新事業展開の基盤に据えて■

 7月度の中小企業技術経営大学校は、新事業展開について、以下の要領で開催します。
 講演終了後はディスカッション、懇親できるコーナーを設けております。
 ご参加いただくと共に、ご関係各位にもご紹介いただきますよう、よろしくお願いいたします。
 皆様方のご参加を心よりお待ちいたしております。

日 時  
平成25年7月20日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:40〜)
会 場
日本工業大学 神田キャンパス(専門職大学院) 3階多目的ホール(神保町)
第1部
「わが社の経営戦略 〜自然との共生を新事業展開の基盤に据えて〜」
   辻  保彦 氏  辻製油株式会社 代表取締役社長
第2部
グループディスカッション
   塩田 康彦 氏  経営サポート機構 代表(前中小企業基盤整備機構中部本部長)
第3部
「平成25年度中小企業支援施策について 〜中小企業支援施策ガイドブックの活用〜」
   塩田 康彦 氏

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:264KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

2013年版中小企業白書

■自己変革を遂げて躍動する中小企業・小規模事業者■

 6月度の中小企業技術経営大学校は、2013年版中小企業白書について、以下の要領で開催します。
 講演終了後はディスカッション、懇親できるコーナーを設けております。
 ご参加いただくと共に、ご関係各位にもご紹介いただきますよう、よろしくお願いいたします。
 皆様方のご参加を心よりお待ちいたしております。

日 時  
平成25年6月15日(土)13:00〜16:40  懇親会(16:45〜)
会 場
日本工業大学 神田キャンパス(専門職大学院) 3階多目的ホール(神保町)
第1部
「2013年版中小企業白書 〜自己変革を遂げて躍動する中小企業・小規模事業者〜」
   小山 和久 氏  経済産業省 中小企業庁 調査室長
第2部
「中小企業白書事例企業の実態 〜わが社の事業承継」
   田島 瑞也 氏  スタック電子株式会社 代表取締役会長
第3部
グループディスカッション
   コーディネータ 中小企業診断士 高島 利尚 氏

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:271KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

第149回研究会(情報通信部会)

■新たな情報セキュリティ戦略について■

 韓国での放送局や銀行がサイバー攻撃を受けた事件、国内にあっても、パソコンの遠隔操作ウィルスを用いた一連のコンピュータ事件など、情報に対する信頼性が問われる事件が続いています。
 しかし、コンピュータネットワークは我々の生活・社会活動に不可欠な社会基盤であり、その健全な推進こそ、社会の発展に欠かせません。それには、万全な情報セキュリティの裏付けが求められます。
 政府は、平成6年に第1次情報セキュリティ基本計画を作成して以来、これまで3次の情報セキュリティ戦略を作成、IT利用者の視点を重視した様々な情報セキュリティに関する施策を推進してきました。そして今年度、新たな情報セキュリティ戦略が検討されています。
 情報通信部会では、このたび我が国の情報セキュリティに関して中心的な役割を担い、その基本的な戦略策定を担当されます「内閣官房情報セキュリティセンター」副センター長の占部浩一郎氏をお招し、 最新の情報セキュリティ戦略への取り組みについてお伺いいたします。皆様には、今後の情報セキュリティのあり方を検討する機会にしていただきたく、ご案内申し上げます。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時 
平成25年6月14日(金) 15時00分〜16時30分
会 場
商工会館 6階 「会議室」(東京・霞が関)
主 催
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構社会 情報通信部会
講 演
新たな情報セキュリティ戦略について
   占部浩一郎 氏 内閣官房 情報セキュリティセンター 副センター長 内閣審議官
座 長
   土居 範久 氏 慶応義塾大学 名誉教授、独立行政法人 科学技術振興機構 顧問
 当機構 情報通信部会 部会長
参加費
3,000円 参加実費(資料代、会場費等)として
(但し、当機構の会員、役員・評議員の方は無料とさせていただきます)
 
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:235KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

風力発電の将来性とわが社の経営戦略

■重要性を増す再生可能エネルギー■

 5月度の中小企業技術経営大学校は、中小企業経営の基盤整備に向けた課題解決にスポットをあてて、以下の要領で開催します。
 講演終了後はディスカッション、懇親できるコーナーを設けております。
 ご参加いただくと共に、ご関係各位にもご紹介いただきますよう、よろしくお願いいたします。
 皆様方のご参加を心よりお待ちいたしております。

日 時  
平成25年5月18日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:35〜)
会 場
日本工業大学 神田キャンパス(専門職大学院) 5階 501教室(神保町)
第1部
「風力発電の将来性とわが社の経営戦略 〜重要性を増す再生可能エネルギー〜」
   櫻井 靖久 氏  櫻井技研工業株式会社 代表取締役
第2部
グループディスカッション
   コーディネータ 経営サポート機構 代表(前中小企業基盤整備機構 中部本部長) 塩田 康彦 氏
第3部
情報提供など(未定)

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:267KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

第148回研究会(社会インフラ部会)

■都市政策の最近の動向■

 「日本経済再生に向けた緊急経済対策(25年1月11日閣議決定)」で決められた“復興・防災対策”“成長による富の創出”及び“暮らしの安全・地域活性化”の重点3分野の具現化の一つとして、国土交通省では、経済活動の基盤であり、多くの国民の生活の拠点である「都市」を“魅力”と“国際的競争力”及び“安全・安心”を備えたものに再構築するための施策に取り組んでいます。このため同省では、専門家を交えた都市再構築戦略検討委員会を設置し、大都市圏、地方都市の再構築の方策が検討されています。
 そこで、当研究部会では国土交通省大臣官房審議官 樺島 徹 様をお招きして、以下の要領で研究会を開催し、平成24年度の補正予算、25年度予算の概要を含めた「都市政策の最近の動向」についてお伺いいたします。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時 
平成25年5月10日(金) 14時00分〜15時30分
会 場
学術総合センター 1階「特別会議室」(東京・竹橋)
主 催
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 社会インフラ部会
講 演
都市政策の最近の動向
   樺島  徹 氏 国土交通省大臣官房審議官(都市局担当)
座 長
   板倉 英則 氏 一般財団法人 不動産適正取引推進機構
 当機構 社会インフラ部会 部会長
参加費
3,000円 参加実費(資料代、会場費等)として
(但し、当機構の会員、役員・評議員の方は無料とさせていただきます)
 
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:225KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業経営の基盤整備に向けた課題解決

■顧客には最高のパートナーに■

 4月度の中小企業技術経営大学校は、中小企業経営の基盤整備に向けた課題解決にスポットをあてて、以下の要領で開催します。
 講演終了後はディスカッション、懇親できるコーナーを設けております。
 ご参加いただくと共に、ご関係各位にもご紹介いただきますよう、よろしくお願いいたします。
 皆様方のご参加を心よりお待ちいたしております。

日 時  
平成25年4月20日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:35〜)
会 場
日本工業大学 神田キャンパス(専門職大学院) 5階 501教室(神保町)
第1部
「顧客には最高のパートナーに 〜世界に認められる精密塑性加工用ルーツの総合メーカーを目指して〜」
   木田 成人 氏  昭和精工株式会社 代表取締役社長
第2部
グループディスカッション
   コーディネータ 中小企業診断士 高島 利尚 氏
第3部
未定

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:280KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業経営の基盤整備に向けた課題解決

■社員の成長が企業の成長■

 3月度の中小企業技術経営大学校は、中小企業経営の基盤整備に向けた課題解決にスポットをあてて、以下の要領で開催します。
 講演終了後はディスカッション、懇親できるコーナーを設けております。
 ご参加いただくと共に、ご関係各位にもご紹介いただきますよう、よろしくお願いいたします。
 皆様方のご参加を心よりお待ちいたしております。

日 時  
平成25年3月16日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:35〜)
会 場
日本工業大学 神田キャンパス(専門職大学院) 4階(神保町)
第1部
「社員の成長が企業の成長 ― MEBO(社員全員が株主)で会社再建、独自の技術部門を持つレーザー専門商社の戦略 ―」
   近藤 宣之 氏  株式会社 日本レーザー 代表取締役社長
第2部
グループディスカッション
   コーディネータ 中小企業診断士 高島 利尚 氏
第3部
中小企業向け経営情報の提供

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:272KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業経営の基盤整備に向けた課題解決

■わが社はこうして経営改革を成し遂げた■

 2月度の中小企業技術経営大学校は、中小企業経営の基盤整備に向けた課題解決にスポットをあてて、以下の要領で開催します。
 講演終了後はディスカッション、懇親できるコーナーを設けております。
 ご参加いただくと共に、ご関係各位にもご紹介いただきますよう、よろしくお願いいたします。
 皆様方のご参加を心よりお待ちいたしております。

日 時  
平成25年2月16日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:35〜)
会 場
日本工業大学 神田キャンパス(専門職大学院) 4階(神保町)
第1部
「わが社はこうして経営改革を成し遂げた」
   諏訪 貴子彦 氏  ダイヤ精機株式会社 代表取締役
第2部
グループディスカッション
   コーディネータ 中小企業診断士 高島 利尚 氏
第3部
情報提供

※ 終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:267KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

第147回研究会(健康医療部会)

■社会保障と税の一体改革における医療・介護の充実等■

 少子高齢化が進む中で、社会保障制度に対する信頼の回復が急務となっております。制度改革の幅広の議論の場として昨年11月よりスタートした「社会保障制度改革国民会議(会長 清家篤 慶応義塾長)」においても、今年8月までに方向性の結論をまとめるとし、その議論の行方が注目されております。
 当機構では健康医療部会において、政府、医療現場、学会などさまざまな方々にご参集いただき社会保障、医療・介護保険制度を巡る諸課題について議論を重ねてまいりました。昨年は厚生労働省 二川総括審議官をお招きして議論を深めて参りましたが、2013年においても改革の方向性について引き続きお話しを伺うべく、厚生労働省 大臣官房審議官 神田 裕二 様をお招きして以下の要領で開催いたします。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時 
平成25年2月13日(水) 15時00分〜16時30分
会 場
日本教育会館9階 901号室(神保町/竹橋)
主 催
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 健康医療部会
講 演
社会保障と税の一体改革における医療・介護の充実等
   神田 裕二 氏 厚生労働省 大臣官房審議官(医療保険、医政、医療・介護連携担当)
座 長
   田中 慶司 氏 学校法人 東京医科大学 理事長
 当機構 健康医療部会 部会長
参加費
3,000円 参加実費(資料代、会場費等)として
(但し、当機構の会員、役員・評議員の方は無料とさせていただきます)
 
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:234KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

2013年新春シンポジウム

■2013年 科学技術・イノベーション戦略■

 東日本大震災からの復興、激しい国際競争下での競争力の確保、エネルギー・資源の安定確保、地球環境・気候変動への対応、高齢化・人口減社会への対応など、持続可能な成長と社会の諸課題に対する科学技術・イノベーションの貢献がいかにあるべきか、従来にも増して期待が高まっております。
 2012年においては山中教授のノーベル生理学医学賞の受賞など世界をリードする研究成果に注目があつまりました。一方で、科学技術・イノベーションの国際的優位性への憂慮、国家レベルの戦略的推進体制の機能強化、厳しい財政状況のもとでの資源・資金の配分など、直面する課題も少なくありません。
 そこで、今回のシンポジウムでは関係識者にご参集いただき、科学技術の振興についての戦略的視点と、喫緊にとり組むべき具体策のあり方などを中心にご議論いただきます。
 このシンポジウムを、2013年当機構諸活動の出発点として位置づけたく、是非関係各位のご参加を御願い申し上げます。

日 時
平成25年1月23日(水) 午後2時00分〜5時00分
会 場
学士会館2階 210号室(東京・神保町)
主 催
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構
協 賛  
議員連盟"科学技術の会"
後 援  
独立行政法人 科学技術振興機構、社団法人 世界貿易センター(東京)、科学新聞社
挨  拶
   岸  輝雄  当機構 会長、東京大学 名誉教授、独立行政法人 物質・材料研究機構 顧問
特別講演
「科学技術政策の重要性とその方向」
   斉藤 鉄夫 氏  衆議院議員、議員連盟”科学技術の会”幹事長
講  演
「科学技術イノベーションの動向」
   相澤 益男 氏  総合科学技術会議 議員
講  演
「日本の新たな科学技術の展開」
   北澤 宏一 氏  福島原発事故独立検証委員会 有識者委員会 委員長
 独立行政法人 科学技術振興機構 前理事長、当機構 副会長
   コーディネーター  三浦 宏一 当機構 理事長
参加費
3,000円 参加実費(資料代、会場費等)として
(但し、当機構の会員、役員・評議員の方は無料とさせていただきます)
お申し込み
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、こちらのFAX送付状 出欠連絡表【FAX送付状 出欠連絡表】227KBにてお申し込み下さい。

お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業経営のグローバル化対応

■航空宇宙産業の現状と中小企業のビジネスチャンス■

 1月度の中小企業技術経営大学校は、中小企業経営のグローバル化対応にスポットをあてて、以下の要領で開催します。
 講演終了後はディスカッション、懇親できるコーナーを設けております。
 ご参加いただくと共に、ご関係各位にもご紹介いただきますよう、よろしくお願いいたします。
 皆様方のご参加を心よりお待ちいたしております。

日 時  
平成25年1月19日(土)13:00〜16:30  懇親会(16:35〜)
会 場
日本工業大学 神田キャンパス(専門職大学院) 3階302教室(神保町)
第1部
「中部地域の産業構造と課題」
   塩田 康彦 氏  独立行政法人 中小企業基盤整備機構 中部本部長
第2部
「航空宇宙産業の現状と中小企業のビジネスチャンス」
   横井 圭一 氏  横井経営技術研究所 代表(中小企業診断士)
第3部
グループディスカッション
   コーディネータ 塩田 康彦 氏

※ 終了後、新年会を兼ねて懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:277KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業経営のグローバル化対応

■〜 中小企業のアジア投資の現状と課題 〜■

 3.11大震災以降の激動期を乗りきるため、中小企業技術経営大学校の講座では、受講者がそれぞれかかえている経営課題をテーマとしてカリキュラムを編成、年間のテーマを昨年度に続き「グローバル化対応」、「新事業展開」、「経営基盤の整備」の3点におき行います。
 この10月から第8期の講座を開講しておりますが、10月から13年1月の第1セッションの四ヶ月間は、主として、アジアを対象とした中小企業のグローバル化戦略を取り上げ、理論と実践を学ぶカリキュラムを組んでおります。
 その第3回の講座として、日本企業のアジアへの「進出状況やその課題」及び、中小企業の海外進出を支援する「施策」、さらには、海外に拠点をもつ企業の「実態」を学びます。
 第1部では、ジェトロで当地域を担当されている伊藤博敏氏から「アジア投資の現状とその課題」を、続く第2部では、中小企業基盤機構で、10数年にわたって「支援事業」に携わり、その間2年のタイ国駐在を経験された渡辺寿彦氏を、第3部の「事例企業」としては、焼き鳥缶詰のトップ企業で、アジア進出の老舗、潟zテイフードコーポレーションの山本社長(タイ・チェラーロンコーン大学修学)お迎えし、アジア進出の実態や課題さらには支援施策を学んでいただきます。
 多数の皆様のご出席をお待ちしております。

日 時  
平成24年12月15日(土)13:00〜17:00
会 場
日本工業大学 神田キャンパス(専門職大学院) 3階多目的ホール(神保町)
第1部
「中小企業のアジア投資の現状と課題(リスク)」
   伊藤 博敏 氏  独立行政法人 日本貿易振興機構(JETRO) 海外調査部
 アジア太平洋州課 課長代理
第2部
中小企業海外進出支援施策
   渡辺 寿彦 氏  独立行政法人 中小企業基盤整備機構 事業推進役兼関東本部長
第3部
わが社の海外進出の状況(タイ、シンガポール、中国)
   山本 達也 氏  株式会社 ホテイフーズコーポレーション 代表取締役社長

  質疑応答 コーディネータ  渡辺 寿彦 氏


※終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(60-90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:256KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

第146回研究会(農業・ライフ部会)

■ バイオマス事業化戦略と今後の展開 ■

 東日本大震災と原発事故の影響を受け、地域での自立・分散型エネルギーの供給と、その実現に向けた技術、システム、制度の強化・革新が問われています。そのため、政府では、内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省の7府省からなる「バイオマス活用推進会議」において、この9月に「バイオマス事業化戦略」を策定、多種多様なバイオマス利用技術の到達レベルや実用化の見通し等を整理した「技術ロードマップ」をはじめ、地域でのバイオマスの産業化をねらったビジョンを提示したところです。
 そこで当機構 農業・ライフ部会では、農林水産省食料産業局 バイオマス循環資源課長 野津山 喜晴 氏をお招きして「バイオマス事業化戦略」の狙いと事業化推進に向けた今後のとり組みについて幅広くお話しを伺います。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時 
平成24年11月29日(木) 15時00分〜16時30分
会 場
商工会館 6階 「会議室」(東京・霞が関)
主 催
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 農業・ライフ部会
講 演
バイオマス事業化戦略と今後の展開
 技術とバイオマスの選択と集中による事業化の推進
   野津山喜晴 氏 農林水産省食料産業局 バイオマス循環資源課長
座 長
   渡辺 好明 氏 特例社団法人 全国農地保有合理化協会 会長
 当機構 農業・ライフ部会 部会長
参加費
3,000円 参加実費(資料代、会場費等)として
(但し、当機構の会員、役員・評議員の方は無料とさせていただきます)
 
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:234KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業経営とグローバル化

■グローバル・ニッチ・トップ戦略を考える(グローバル・ニッチ・トップの経営戦略について)■

 11月度の中小企業技術経営大学校は、中小企業経営のグローバル化対応にスポットをあてて、以下の要領で開催します。
 講演終了後はディスカッション、懇親できるコーナーを設けております。
 ご参加いただくと共に、ご関係各位にもご紹介いただきますよう、よろしくお願いいたします。
 皆様方のご参加を心よりお待ちいたしております。

日 時  
平成24年11月17日(土)13:00〜16:30
会 場
日本工業大学 神田キャンパス(専門職大学院) 3階多目的ホール(神保町)
プログラム
「これからの日本を牽引するグローバル・ニッチ・トップ企業」
   小田 恭市 氏  日本工業大学 専門職大学院 教授
「我社のグローバル・ニッチ・トップ戦略〜 中小企業がニッチ・トップ・企業へ成長できるか?」
   榑松 武男 氏  KGS株式会社 代表取締役社長
   金坂 良一 氏  カネパッケージ株式会社 代表取締役社長
   坂本  昇 氏  雪ヶ谷化学工業株式会社 取締役
   上條 宇史 氏  日本ミクロコーティング株式会社 社長室

※終了後懇親会を開催いたします。是非ご参加ください。(参加費無料)
 なお、懇親会の修了後、当機構が別途に懇親会(二次会)を開催する場合は
 参加費4,000円(受講生2,000円)を頂きます。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:255KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

WTC研究会(講演会)

■日本の外交戦略 −米国、中国、韓国、ロシアを中心に−■

 当機構理事長 三浦宏一 が理事長職を兼任する「社団法人 世界貿易センター(東京)」において、外交問題研究会「日本の外交戦略 −米国、中国、韓国、ロシアを中心に−」を開催、当機構で後援します。
 プログラムは http://www.wtctokyo.or.jp/pdf/20121108_2.pdf をご覧ください。
 ご参加ご希望の場合、「ご参加登録フォーム」(http://www.hiia.or.jp/seminar/regist-form.html)からお申し込み下さい。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。


 

JAXA国際宇宙探査シンポジウム

■第1回「人類の宇宙探査とその未来」■

 当機構理事長 三浦宏一 が、宇宙航空研究開発機構のシンポジウム「人類の宇宙探査とその未来」にパネリストとして出講いたします。(10月31日10:00〜11:45 第4部 パネルディスカッション:「有人宇宙探査への挑戦」)
 同シンポジウムのプログラム等の詳細は、https://secure.mediatelier.com/ises/index.htmlを御参照ください。
 ご参加ご希望の場合、公式ページ申込フォーム(https://secure.mediatelier.com/ises/regist.html)からお申し込み下さい。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。


 

中小企業技術経営大学校 第8期・第1回講座

■中小企業経営とグローバル化 〜 今、日本が抱えるグローバル課題 〜■

 3.11大震災以降の激動期を乗りきるため、中小企業技術経営大学校の講座では、受講者がそれぞれかかえている経営課題をテーマとしてカリキュラムを編成、年間のテーマを昨年度に続き「グローバル化対応」、「新事業展開」、「経営基盤の整備」の3点におき行います。
 この10月から第8期の講座が開催されます。12年10月〜13年1月の第1セッションの4ヶ月(講座4回)は、緊張する日中関係を含めて、中小企業のグローバル化戦略を取り上げ、理論と実践を学ぶ計画を立てています。
 その第1回の講座として、日本が進むべき方向をパラダイムシフトという時代的観点から論理的に捉え、かつ、具体的方向を世界貿易センター活動の中で実施されている 三浦宏一 理事長にご登壇いただきます。
 さらに大田区産業の拡張戦略として、タイ国のアマナンダ工業団地内に賃貸集合工場スペースを確保、区内中小企業製造業の海外進出支援を実施している事例を取上げます。この支援活動に現在までご尽力されている大田区産業振興協会 山田伸顕 専務理事をお迎えし、その実態についてご講義いただきます。
 なお、参加されます会員の皆様には、9月に改定されました「パラダイムシフト・日本の再生(三浦宏一著)」を教材として進呈いたします。
 (会員以外の皆様には、割引価格(3,000円)で、ご購入いただきます)
 多数の皆様のご出席をお待ちしております。

日 時  
平成24年10月20日(土)13:00〜17:00
会 場
日本工業大学 専門職大学院 4階401教室(神保町)
第1部
「今、日本が抱えるグローバル課題
 〜新たな日・中・米の関係を問うアジア太平洋維新に向けて〜」
   三浦 宏一  社団法人 世界貿易センター(東京)理事長
 当機構 理事長
第2部
大田区が実施している中小製造業のタイへの進出支援とその実態
   山田 伸顯 氏  公益財団法人 大田区産業振興協会 専務理事
第3部
グループディスカッション
   コーディネータ  中小企業診断士  高島 利尚 氏

   (第8期講座概要説明)

※終了後、懇親会(参加費4,000円/受講生2,000円)を開催(90分程)いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:256KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

エネルギー産業部会

■エネルギー政策の混迷と日本の危機■

 昨年の東日本大震災・原発事故を受けて、わが国のエネルギー・環境政策は見直しを迫られています。エネルギー需給の安定化は、経済・社会にとっても喫緊の課題であり早急な対応が求められています。当機構では、資源・エネルギー問題を産業界の視点から検討する「エネルギー産業部会」を設置、社会・産業活動に欠かせないエネルギーの需給問題や新エネルギーの開発について議論を行って参りました。今回の部会では、当機構理事長の三浦が兼任する社団法人 世界貿易センター(東京)とともに、エネルギー問題の現状と方向性について日本生命保険相互会社 特別顧問の 望月晴文 氏(元 経済産業省事務次官)をお招きして、首題によりご講演いただくこととなりました。
 なお、望月氏はこの7月から当機構の副会長、エネルギー産業部会 部会長にも御就任いただいております。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時 
平成24年9月27日(木) 14時00分〜15時40分
会 場
世界貿易センタービル 38階 会議場 「フォンティーヌ」(東京・浜松町)
主 催
社団法人 世界貿易センター(東京)、株式会社 世界貿易センタービルディング、世界貿易センタークラブ(東京)
開会挨拶
   堤  富男 氏 社団法人 世界貿易センター(東京)会長
講 演
エネルギー政策の混迷と日本の危機
   望月 晴文 氏 日本生命保険相互会社 特別顧問、元 経済産業省 事務次官
 当機構 副会長、エネルギー産業部会部会長
コメンティーター
   岸  輝雄 氏 東京大学名誉教授、独立行政法人物質・材料研究機構 顧問
 当機構 会長
コーディネーター
   三浦 宏一   当機構 理事長、社団法人 世界貿易センター(東京)理事長
 
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:144KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校 第7期・第12回講座

■ものづくり、ひとづくり、ことづくり 〜日本再生戦略と“ちいさな企業”未来会議〜■

 3.11大震災以降の激動期を乗りきるため、中小企業技術経営大学校・第Z期の講座では、受講者がそれぞれかかえている経営課題をテーマとしてカリキュラムを編成します。そのため、年間のテーマを「新事業展開」、「グローバル化対応」、「経営基盤の整備」の3点におきカリキュラムを実施して参りました。
 9月の講座は、第Z期の最終講義として、最新の中小企業政策における創業・技術を取り上げ、今期講座の締めくくりとします。
 今回は、中小企業の創業・技術のあり方を国が、全体として、どのように捉え、政策面に反映しているか、或いは、反映しようとしているのか等を、中小企業創業・技術支援施策を通して学んでいただきます。
 講師に中小企業の創業・技術支援施策の策定の中心的役割を担っておられます経済産業省 中小企業庁 創業・技術課長の 増田 仁 氏 をお招きし、支援施策の背景となっている中小企業をめぐる諸課題、その解決方向としての施策の意図、内容等を現在施行されている 中小企業創業・技術関係支援施策及び平成25年度に予定される諸施策を中心にご講義いただきます。
 グループディスカッションでは、参加者の皆様が日ごろご検討されている中小企業の様々な課題、特に日本の生命線と言われています技術の維持、伝承等をはじめとする技術的課題について、今後の中小企業支援施策立案の参考となるようご議論をいただくとともに、MOT.S第Z期講座の総括とし、来期につなげて参りたいと存じます。
 多数の皆様のご出席をお待ちしております。

日 時  
平成24年9月15日(土)13:00〜17:00
会 場
日本工業大学 専門職大学院 5階501教室(東京・神保町)
挨 拶
   三浦 宏一  一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 理事長
第1部
「ものづくり、ひとづくり、ことづくり
 〜日本再生戦略と“ちいさな企業”未来会議〜」
   増田  仁 氏  経済産業省 中小企業庁 創業・技術課長
第2部
グループディスカッション
   コーディネータ  中小企業診断士  高島 利尚 氏
第3部
情報提供講座

※ 終了後、懇親会(会費4,000円/受講生2,000円)を開催いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:259KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

自治・地域振興部会

■全国知事会 山田会長をお招きしての地方自治講演会■

 HIA自治・地域振興部会では、当機構 理事長の三浦宏一が理事長を兼任する社団法人 世界貿易センター(東京)との共催で、上記のセミナーを開催いたします。国と地方の役割分担とは何かという問題に焦点を当て、地方自治体の役割と課題と方向性について、全国知事会会長であり、現京都府知事でもある山田 啓二 氏をはじめ、関係識者に意見交換いただく場を設けました。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時 
平成24年9月5日(水) 14時00分〜15時40分
会 場
世界貿易センタービル 3階 会議場 Room A(東京・浜松町)
主 催
株式会社 世界貿易センタービルディング、社団法人 世界貿易センター(東京)
開会挨拶
   堤  富男 氏 社団法人 世界貿易センター(東京)会長
講 演
地方自治について(仮)
   山田 啓二 氏 全国知事会会長/第47・48・49代京都府知事
コメンティーター
   横道 清孝 氏 当機構 理事、政策研究大学院大学 学長補佐
コーディネーター
   三浦 宏一   当機構 理事長、社団法人 世界貿易センター(東京)理事長
 
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:125KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校 第7期・第11回講座

■経営基盤講座・世界の最先端産業に挑戦する研究開発型町工場■

 3.11大震災以降の激動期を乗りきるため、中小企業技術経営大学校・第Z期の講座では、受講者がそれぞれかかえている経営課題をテーマとしてカリキュラムを編成します。そのため、年間のテーマを「新事業展開」、「グローバル化対応」、「経営基盤の整備」の3点におきカリキュラムを実施しています。
 第Z期も第3セッションに入り、6月から戦略的な視点からの「経営基盤の整備」を主たるテーマに取り組んでおり、先月の『事業承継』に続く第2回目は『IT経営』を取り上げます。
 今回は、ITの活用で高品質と短納期及びWebによる営業展開を実現し、中小企業IT経営力大賞優秀賞を受賞した「研究開発型町工場」 株式会社由紀精密から、最高情報責任者(CIO)の笠原 真樹氏をお招きします。
 同社は約60年間精密切削加工に特化して技術力を磨き、電気機器メーカー向け部品製造から、航空・宇宙・防衛産業、医療機器、電子・通信産業などの高付加価値製品分野へと転換を図り、その顧客開拓と事業モデルを構築して、業績を伸ばしています。この事業モデルは、Webサイトの徹底的な活用によるマーケティング体制の確立、顧客の多様な要求に迅速に対処する生産管理システム、CAD/CAMのカスタマイズによる超高精度の加工システムなどIT技術を活用して構築されたもので、メディア戦略と相俟って、内外の高付加価値製品分野の顧客開拓の源動力ともなっています。新分野への挑戦やグローバル化への対応に欠かせないIT戦略、今回はその実態をご紹介します。
 多数の皆様のご出席をお待ちしております。

日 時  
平成24年8月25日(土)13:00〜17:00
会 場
日本工業大学 専門職大学院 5階501教室(東京・神保町)
挨 拶
   三浦 宏一  一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 理事長
第1部
「世界の最先端産業に挑戦する研究開発型町工場
 ―ITの活用による高品質・短納期化にWebによる営業活動を連動させて―」
   笠原 真樹 氏  株式会社 由紀精密 最高情報責任者(CIO)
第2部
グループディスカッション
   司会  中小企業診断士  高島 利尚 氏
第3部
情報提供講座

※ 終了後、懇親会(会費4,000円/受講生2,000円)を開催いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:268KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校 第7期・第10回講座

■経営基盤講座・中小企業事業承継の戦略的な実践■

 3.11 大震災以降の激動期を乗りきるため、中小企業技術経営大学校・第Z期の講座では、受講者がそれぞれかかえている経営課題をテーマとしてカリキュラムを編成します。そのため、年間のテーマを「新事業展開」、「グローバル化対応」、「経営基盤の整備」の3点におきカリキュラムを実施しています。
 第Z期も第3 セッションに入り、6 月から戦略的な視点からの「経営基盤の整備」を主たるテーマに取り組んでいます。
 今回は、事業継続の前提となる後継者への「承継課題」に取り組まれておられる 東成エレクトロビーム株式会社 代表取締役 上野 保 氏をお招きして、戦略的視点からのご講義をお願いしました。同氏は、ここ10 年間、「後継人材の育成」「技術・技能の承継」「承継財務」「承継の方法」等々の課題を幅広い視点から検討され、この度、事業の継承を実現しつつあります。
 事業承継は、各社それぞれの事情があることと存じますが、遅かれ、早かれ解決しなければならない経営課題です。ご参加の皆様のご意見をもお伺いしながら中小企業承継課題への対応を検討いたしたく、ご案内いたします。
 多数の皆様のご出席をお待ちしております。

日 時  
平成24年7月21日(土)13:00〜17:00
会 場
日本工業大学 専門職大学院 5階501教室(東京・神保町)
挨 拶
   三浦 宏一  一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 理事長
第1部
「中小企業事業承継の戦略的な実践」
   上野  保 氏  東成エレクトロビーム株式会社 代表取締役社長
第2部
質疑応答
   司会  中小企業診断士  高島 利尚 氏
第3部
「中小企業における事業承継の実態と課題」
   竹内 淳二 氏  株式会社 中小企業サポートセンター 代表
 (元 中小企業金融公庫 営業第一部長)

※ 終了後、懇親会(会費4,000円/受講生2,000円)を開催いたします。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:253KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

平成24年度 一般社団法人移行・総会記念講演会

■再生可能エネルギー大国に向けた展望■

 私共 先端技術産業戦略推進機構は、設立以来27年にわたり、イノベーションの推進を目指し、各界の連携を通じて技術開発の普及・発展に寄与して参りました。これも、ひとえに皆様方のご支援、ご協力の賜物と深く感謝する次第です。
 その活動をさらに推進するため、公益法人改革に沿って、この7月より一般社団法人へ移行を行い、「一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構」として新たなスタートを切ることとなり、その第1回の定時総会を7月18日に開催します。
 そこで、一般社団法人移行と定時総会の開催を記念して、今後の社会づくりに果たすイノベーションの役割にスポットをあてて講演会を開催することとなりました。特に、福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)委員長 北澤宏一先生をお招きして、東日本大震災と福島原子力発電所事故の反省、今後の日本が向かうべきエネルギー戦略についてお話しをいただきます。
 この講演会を、本機構諸活動の新たな出発点として位置づけたく、皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時 
平成24年7月20日(金) 14時00分〜16時30分
会 場
学術総合センター 2階「中会議場3・4」(東京・竹橋)
主 催
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構
協 賛
社団法人 世界貿易センター(東京)
挨 拶
   岸  輝雄   当機構 副会長
 東京大学 名誉教授
講 演
再生可能エネルギー大国に向けた展望
   北澤 宏一 氏 福島原発事故独立検証委員会(民間事故調) 委員長
   (コーディネーター  三浦 宏一 当機構 理事長)
参加費
3,000円 参加実費(資料代、会場費等)として
(但し、当機構の会員、役員・評議員の方は無料とさせていただきます)
 
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:253KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校 第7期・第9回講座

■経営戦略としての経営基盤の整備■

 3.11大震災以降、日本の経営環境は大きく変化しております。こうした激動期を乗りきるため、第Z期の講座では、受講者がそれぞれかかえている経営課題をテーマとしてカリキュラムを編成します。そのため、年間のテーマを「新事業展開」、「グローバル化対応」、「経営基盤の整備」の3点におきカリキュラムを実施しています。
 2月から4回にわたった「グローバル化対応」のテーマが終了し、6月から9月までの4ヶ月間は「経営基盤の整備」のテーマを取り上げます。その第1回として、2012年版「中小企業白書」の取りまとめを担当された 中小企業庁 調査室長 小山和久 氏をお迎えし、ご講演いただきます。
 今年度の中小企業白書は、「試練を乗り越えて前進する中小企業」の副題が示すとおり、東日本大震災からの復興に向けた中小企業の役割をはじめ、中小企業の海外展開、需要の創出と獲得にのぞむ事業活動や、中小企業の技術・経営を支える取りくみなど、中小企業が抱える多様な課題について、包括的に実態がまとめられております。
 今後の経営の方向を検討する上で欠かせない、わが国全体の中小企業の動向や現状把握の機会でもあります。
 多数の皆様のご出席をお待ちしております。

日 時  
平成24年6月16日(土)13:00〜17:00
会 場
日本工業大学 専門職大学院 5階501教室(東京・神保町)
挨 拶
   三浦 宏一  一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 理事長
第1部
「試練を乗り越えて前進する中小企業−中小企業白書から−」
   小山 和久 氏  経済産業省中小企業庁 事業環境部 調査室長
第2部
グループディスカッション
   講義の内容とも含め、経営基盤の整備について意見交換いただきます。
経営戦略としての経営基盤の整備−中小企業白書の内容を参考にして−
   コーディネータ (中小企業診断士)  高島 利尚 氏
第3部
中小企業情報

※ 終了後、懇親会(会費4,000円/受講生2,000円)を開催いたします。


中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:255KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校 第7期・第8回講座

■中小企業のグローバル化対応のポイント■

 3.11大震災以降、日本の経営環境は大きく変化しております。こうした激動期を乗りきるため、第7期の講座では、受講者がそれぞれかかえている経営課題をテーマとしてカリキュラムを編成します。そのため、年間のテーマを「新事業展開」、「グローバル化対応」、「経営基盤の整備」の3点におき、この2月からは、第Z期のカリキュラム編成の第2セッション「グローバル化対応」カリキュラムを実施しています。
 「グローバル化対応」をテーマとする4回目、最後となる5月講座は、東証2部上場の株式会社 ユニバンスで長年にわたり 社長、会長としてご活躍され、現在は相談役として、経営全般を俯瞰されている 谷 朗 さんをお招きして、日本の中堅自動車部品メーカーの海外戦略について伺います。
 同社は本拠地を浜松市に置き、米国、インドネシア、タイに海外子会社及びノースダゴタ(米国)、上海(中国)に連絡事務所を持つグローバル企業で、現在では、日産の協力会社としての立場だけではなく、数多くの自動車メーカーとの取引を行っています。今回の講義では、日本経済を支える自動車産業、その発展を支えてきた部品メーカーのこれまでの歩みと今後の戦略をお伺いすることで、参加される皆様の経営、特にグローバル化への取り組みへの方向付けも含めながらご議論いただきます。
  (株式会社 ユニバンス: http://www.uvc.co.jp/)

 多数の皆様のご出席をお待ちしております。

日 時  
平成24年5月19日(土)13:00-17:00
会 場
日本工業大学専門職大学院 3 階 多目的ホール(東京・神保町)
挨 拶
   三浦 宏一  一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 理事長
第1部
「グローバル化対応のポイント−米国・タイ・インドネシアへの進出−」
   谷   朗 氏  株式会社ユニバンス 相談役
第2部
グループディスカッション
   講義の内容とも含め、グローバル展開について意見交換いただきます。
中小企業のグローバル戦略の課題
   コーディネータ (中小企業診断士)  永吉 和雄 氏
第3部
中小企業施策情報

※ 終了後、懇親会(会費4,000円/受講生2,000円)を開催いたします。


中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:253KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

日中バイオテクノロジー国際シンポジウム2012

―バイオテクノロジーと農業・環境―

日 時
平成24年5月13日(日)-14日(月)
会 場
東京大学弥生講堂およびANNEX
主 催
日本科学技術協会、東京大学生物生産工学研究センター
共 催
先端技術産業戦略推進機構、東京大学大学院農学生命科学研究科、
日本生物工学会、日本農芸化学会
協 力
日本ビジネスインテリジェンス協会、国際教育交流コンソーシアムjapan、
『中国生物工程雑誌』出版社
プログラム
1日目:5月13日(日)
■開会挨拶(9:30〜10:00) 弥生講堂
長澤 寛道 氏
三浦 宏一
東大農学生命科学研究科長
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 理事長
■基調講演(10:00〜12:00) 弥生講堂
安井  至 氏
範  雲六 氏
神谷 勇治 氏
李  充壁 氏
元 国連大学副学長
中国農業科学院生物技術研究所、中国科学院 院士
理化学研究所バイオマス研究プログラムコーディネーター
肇慶学院生命科学学院院長、中国科学院 院士
■植物科学分科会・発表(13:00〜16:00) 弥生講堂
Regulatory mechanisms of phytoalexin biosynthesis in rice
 岡田 憲典 氏  東大・生物生産工学研究センター
 山根 久和 氏  帝京大学
Biotechnogical approaches to improve nitrogen use efficiency in plants.
 柳澤 修一 氏  東大・生物生産工学研究センター
High throughput Agrobacterium-mediated soybean transformation
 朱  木蘭 氏  中国科学院上海生命科学研究院
Development and matured structure variation of ovule from autotetraploid of Robinia pseudoacacia.
 Jiang 金仲 氏  貴州師範学院
RNA small RNAs in heat resistance of Chinese cabbage
 何  玉科 氏  中国科学院上海生命科学研究院
■環境科学分科会・発表(13:00〜16:00) 弥生講堂アネックス
Metagenomic and metatranscriptomic analyses of microbial communities in rice paddy soil
 伊藤 英臣 氏  東大・農
 妹尾 啓史 氏  東大・農
Diversity of microbial resources in Asia
 鈴木健一朗 氏  製品評価技術基盤機構
Structure and function of bacterial aromatic hydroxylating dioxigenase system
 野尻 秀昭 氏  東大・生物生産工学研究センター
Population dynamics and functional flexibility of methanogenic consortia in anaerobic digesters.
 堀  知行 氏  産総研
Microbial degradation of lignocellulosic materials and methanogenics
 崔  宗均 氏  中国農業大
The effect of Lactobacillus salivarius H strain isolated from Chinese dry-cured ham on the color stability of fresh pork.
 胡  文峰 氏  華南農業大学食品学院
■コーヒーブレイク、ポスターセッション(植物科学、環境科学、バイオマス科学)(16:00〜17:40) 弥生講堂
■特別講演(17:50〜18:20) 弥生講堂
朱   禎 氏 中国科学院遺伝・発育生物学研究所
■懇親会 (18:30〜20:00) 弥生講堂アネックス
2日目:5月14日(月)
■特別講演 (9:00〜9:30) 弥生講堂
Plant nutrient transporters for improvement of plant production
 藤原  徹 氏  東大・農
■バイオマス科学分科会(9:30〜12:30) 弥生講堂
迫田 章義 氏
鮫島 正浩 氏
岩田 忠久 氏
李  十中 氏
李   勤 氏
羅   鋒 氏
東大・生産技術研究所
東大・農
東大・農
中国・清華大
准陰師範学院
中国・西南大
■閉会の挨拶(12:30〜12:40) 弥生講堂
五十嵐泰夫 氏 東大生物生産工学研究センター長
お申し込み
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、こちらのFAX送付状 出欠連絡表【FAX送付状 出欠連絡表】225KBにてお申し込み下さい。
お問い合わせ先
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構
  TEL: 03-5282-2111  E-mail: info@hiia.or.jp

 

第143回研究会(社会インフラ部会)

■都市行政の主要課題■

 急速な高齢化の進展や人口減少社会の到来、産業構造の転換、経済のグローバル化、加えて東日本大震災からの復興など、わが国の社会・経済をとりまく環境が大きく変化する中で、人・モノ・金が高度に集積し国全体の牽引役となる「都市」の活性化と、持続的発展のためのビジョン・モデルが模索されています。
 当機構・社会インフラ部会(部会長 近藤茂夫 財団法人 建設経済研究所 理事長)では、「首都東京の再編・再開発プロジェクト委員会」を設置、都市再生を含めた都市圏域のグランドデザインのあり方について検討を行って参りましたが、そこでの議論も踏まえて、この度の研究会では、国土交通省 都市局長 加藤 利男 様 をお招きして、首題によりご講演いただくこととなりました。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時 
平成24年4月18日(水) 15時00分〜16時30分
会 場
学術総合センター 2階「中会議場1」(東京・竹橋)
主 催
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 社会インフラ部会
講 演
都市行政の主要課題
   加藤 利男 氏 国土交通省 都市局長
座 長
   近藤 茂夫 氏 財団法人 建設経済研究所 理事
 当機構 社会インフラ部会 部会長
参加費
3,000円 参加実費(資料代、会場費等)として
(但し、当機構の会員、役員・評議員の方は無料とさせていただきます)
 
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:220KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校 第7期・第7回講座

■中小企業のグローバル化対応のポイント■

 3.11大震災以降、日本の経営環境は大きく変化しております。こうした激動期を乗りきるため、第Z期の講座では、受講者がそれぞれかかえている経営課題をテーマとしてカリキュラムを編成します。そのため、年間のテーマを「新事業展開」、「グローバル化対応」、「経営基盤の整備」の3点におき、この2月からは、第Z期のカリキュラム編成の第2セッション「グローバル化対応」を主題にする講座に移り、5月まで実施しています。
 「グローバル化対応」テーマとする3回目の講義は、高度な技術を基盤に独自の海外進出で成果を上げている株式会社 メトロールの 松橋 卓司 社長をお招きして、その戦略と手法をお伺いします。
 世界最小級の精密位置決めタッチセンサー等を製造、国内は勿論、多国籍言語のホームページによる直売システムの構築や世界主要都市で開催される展示会への出展など、進出先に合わせた独自の海外市場開拓手法を駆使して、世界に販路を開拓いている松橋社長から、その実態を伺い、新たな海外展開のあり方を検討します。
  (メトロール: http://www.metrol.co.jp/)

 多数の皆様のご出席をお待ちしております。

日 時  
平成24年4月14日(土)13:00-17:00
会 場
日本工業大学専門職大学院 3 階 多目的ホール(東京・神保町)
挨 拶
   三浦 宏一  一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 理事長
第1部
「中小企業のグローバル化対応のポイント−独自の海外戦略で世界に販路−」
   松橋 卓司 氏  株式会社メトロール 代表取締役社長
第2部
グループディスカッション
   講義の内容とも含め、グローバル展開について意見交換いただきます。
中小企業のグローバル戦略の課題
   コーディネータ (中小企業診断士)  永吉 和雄 氏
第3部
中小企業施策情報

※ 終了後、懇親会(会費4,000円/受講生2,000円)を開催いたします。


中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:250KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

第142回研究会(情報通信部会)

■情報セキュリティ政策の現状と課題■

 昨年、日本の防衛産業や政府機関に対する、特定の企業や個人を狙う「標的型サイバー攻撃」が表面化し、情報セキュリティ対策の不備が大きな社会問題となりました。インターネットは我々の生活・社会活動に不可欠な社会基盤となりましたが、ウィルス対策や、侵入防止、なりすまし、改ざんといったセキュリティ課題、さらには情報管理や個人情報の漏洩対策など、技術や情報管理体制のみならず、組織の内部統制と密接にからみあった総合的な情報セキュリティ対策が問われています。
 そこで、今回の情報通信部会では、総務省 大臣官房審議官 阪本 泰男 様をお招きして、情報セキュリティ政策の現状と課題についてご講演いただく機会を得ました。阪本審議官は、官民一体となってこの問題に対応するため2005年に設置された「内閣官房情報セキュリティセンター」の副センター長を 09年から11年までお勤めになられるなど、この問題について幅の広いお話しを伺い、皆様にも議論を深めていただきます。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時 
平成24年4月12日(木) 15時00分〜16時30分
会 場
日本教育会館 9階901号室(東京/竹橋・神保町)
主 催
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 情報通信部会
講 演
情報セキュリティ政策の現状と課題
   阪本 泰男 氏 総務省大臣官房審議官(情報流通行政局担当)
座 長
   土居 範久 氏 中央大学 研究開発機構 教授
 当機構 情報通信部会 部会長
参加費
3,000円 参加実費(資料代、会場費等)として
(但し、当機構の会員、役員・評議員の方は無料とさせていただきます)
 
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:235KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校 第7期・第6回講座

■中小企業のグローバル化対応のポイント■

 3.11大震災以降、日本の経営環境は大きく変化しております。こうした激動期を乗りきるため、第Z期の講座では、受講者がそれぞれかかえている経営課題をテーマとしてカリキュラムを編成します。そのため、年間のテーマを「新事業展開」、「グローバル化対応」、「経営基盤の整備」の3点におき、この2月からは、第Z期のカリキュラム編成の第2セッション「グローバル化対応」を主題にする講座に移り、5月まで実施しています。
 3月の講座では、大田区産業振興協会山田専務理事を招き「大田区が展開するタイ国の工業団地への取り組み」を予定していましたところ、同氏のご招聘が困難になりましたので、急遽テーマを「中部地域中小企業の経営戦略」を中心とするテーマに変更しました。3.11大震災と最近の極端な円高により、中部地域経済の中心的役割を果たしてきた自動車産業にかげりが見え始め、これまでの自動車産業一辺倒の産業構造からの脱却を目指す動きが、顕著になってきました。世界的規模の構造の変化が及ぼす影響を地域レベルでいち早くキャッチし、対応する経営戦略の創出こそ、いま求められています。
 過去5年間MOT.Sの情報提供講座をご担当いただいた中小機構の塩田氏は一昨年4月から、同機構の中部支部長に赴任、多くの中小企業経営者、関係者、関係機関との交流を深め、中部地域の構造変化に対応する戦略「中部地域の八ヶ岳戦略」立ち上げと普及に携わっておられます。そのため、同氏から、その「戦術の展開・課題」を学び、世界規模のグローバル化に対処する経営戦略を検討する機会として開催したいと企画いたしました。
 併せて、同地域の中小製造業の実状を学ぶため、「株式会社ダイニチ」の下村会長を招聘し、その経営戦略とグローバル化に対する考え方をご講演いただきます。同社は、60年以上にわたり、穴に特化した超精密金属加工を得意とされる岐阜県の企業で、地域活動の中心的存在です。
  (ダイニチ: http://www.kk-dainichi.co.jp/index.html)

 多数の皆様のご出席をお待ちしております。

日 時  
平成24年3月17日(土)13:00-17:00
会 場
日本工業大学専門職大学院 4 階 401教室(東京・神保町)
基調報告
グローバル化の基本的考え方と具体的事業としての産業・技術海外展開支援協議会について
   三浦 宏一  一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 理事長
第1部
中部地域八ヶ岳戦略の展開と課題
   塩田 康彦 氏  独立行政法人 中小企業基盤整備機構 中部支部長
第2部
中部地域中小製造業の経営戦略−グローバル化への取り組みを考える−
   下村 尚之 氏  株式会社ダイニチ 取締役会長
第3部
グループディスカッション「構造変化に対応する各社の取り組み」
   講義の内容とも含め、グローバル展開について意見交換いただきます。
   コーディネータ : 塩田 康彦 氏

※ 終了後、懇親会(会費4,000円/受講生2,000円)を開催いたします。


中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:284KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

第141回研究会(健康医療部会)

■社会保障について −社会保障・税一体改革を含めて−■

 厳しい情勢下において、将来社会の安心・安全を確保するための社会保障制度の抜本的な改革と、財源確保のための税制抜本改革の基本方針について、昨年6月に「社会保障・税一体改革成案」が決まりました。またこの1月にはその内容を具体化した「改革素案」が決定されたところです。
 一方で東日本大震災の復興は災害復旧にとどまらず、未来志向のグランドビジョンの確立が求められているとこです。当然、社会保障・税一体改革についても、復興対策との両立を図りつつ、今後の活力ある日本社会の先進的モデルとしなければなりません。
 当機構では健康医療部会において、政府、医療現場、学会などさまざまな方々にご参集いただき社会保障を巡る諸課題について議論を重ねてまいりました。昨年9月には、この問題で研究会を開催しましたが、その後の情勢変化も交えて、改めて厚生労働省 大臣官房 総括審議官 二川 一男 氏をお招きして講演をいただく機会を得ました。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時 
平成24年3月14日(水) 15時00分〜16時30分
会 場
日本教育会館 9階901号室(東京/竹橋・神保町)
主 催
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 健康医療部会
講 演
社会保障について −社会保障・税一体改革を含めて−
   二川 一男 氏 厚生労働省 大臣官房 総括審議官
座 長
   田中 慶司 氏 学校法人 東京医科大学 理事長
 当機構 健康医療部会 部会長
参加費
3,000円 参加実費(資料代、会場費等)として
(但し、当機構の会員、役員・評議員の方は無料とさせていただきます)
 
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:235KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

第140回研究会(農業・ライフ部会)

■農林漁業・農山漁村から日本を元気に■

  食料安定供給の基盤となる自給率向上とあわせて、農村の自律的発展にもとづく持続可能な農業のあり方が問われています。そのため、貿易政策、国産農産物振興、農政改革など多用な対策が進められており、当機構 農業・ライフ部会ではそうしたとり組みについて参加者の皆さまと今後の展開に向けた具体策などについて議論して参りました。一方、昨年の東日本大震災の被災地となった東北地方の食料生産基地としての復興・再生を中心に、全国各地で従来以上の農業の高付加価値化や経営の多角化を通じた、農漁業活性化への挑戦がはじまっています。
 こうした取組をさらに推進し、農林水産業と第2次、第3次産業を融合・連携させ、農山漁村・農林漁業の「6次産業化」をすすめる司令塔として、昨年9月 農林水産省に新たに「食料産業局」が新設されました。
 今回の研究会では、農林水産省 食料産業局長 針原寿朗 氏をお招きして、農林水産業、農山漁村を今後の成長の切り札とすべく、新しいイノベーションの創出に向けたとり組みについて幅広くお話しを伺います。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時 
平成24年2月23日(木) 15時00分〜16時30分
会 場
学術総合センター 2階「中会議場1」(東京・竹橋)
主 催
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 農業・ライフ部会
講 演
農林漁業・農山漁村から日本を元気に
   針原 寿朗 氏 農林水産省 食料産業局 局長
座 長
   渡辺 好明 氏 株式会社 東京穀物商品取引所 代表取締役社長
 当機構 農業・ライフ部会 部会長
参加費
3,000円 参加実費(資料代、会場費等)として
(但し、当機構の会員、役員・評議員の方は無料とさせていただきます)
 
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:232KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校 第7期・第5回講座

■中小企業のグローバル化対応のポイント■

 3.11大震災以降、日本の経営環境は大きく変化しております。こうした激動期を乗りきるため、第Z期の講座では、受講者がそれぞれかかえている経営課題をテーマとしてカリキュラムを編成します。そのため、年間のテーマを「新事業展開」、「グローバル化対応」、「経営基盤の整備」の3点におき、10月より行ってきた第1セッション「新事業展開・新分野連携」が終了しました。
 2月からは、第Z期のカリキュラム編成の第2セッション「グローバル化対応」を主題にする講座に移り、5月まで(月1回)実施する予定です。
 その第1回として、マノ精工株式会社 代表取締役社長 林 愛子 さんを お招きして、同社のグローバル化対応などを中心とする戦略をお伺いします。
 同社は、国内で基盤技術をもとに精度の高い優れた精密機械部品を生産するかたわら、得意先との連携による海外進出を実現されましたが、リーマンショック以来、国内と海外の生産バランスが崩れ、円高によるコストダウンの厳しい中での経営と、これからの戦略をお話いただきます。グループディスカションでは、参加者の皆さんとともに海外展開のポイントと国内生産とのバランスなどについてご議論いただきます。
  (マノ精工: http://www.mano-seiko.jp/home/index.html)

 多数の皆様のご出席をお待ちしております。

日 時  
平成24年2月18日(土)13:00-17:00
会 場
日本工業大学専門職大学院 3 階 多目的ホール(東京・神保町)
挨拶
   三浦 宏一  一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 理事長
第1部
中小企業のグローバル化対応のポイント
   林  愛子 氏  マノ精工株式会社 代表取締役社長
第2部
グループディスカッション
   講義の内容とも含め、グローバル展開について意見交換いただきます。
中小企業のグローバル戦略の課題
   コーディネータ : 永吉 和雄 氏 中小企業診断士
第3部
施策情報
   未定

※ 終了後、懇親会(会費4,000円/受講生2,000円)を開催いたします。


中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:184KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

2012年新春シンポジウム

■ 新しい時代の科学技術政策のあり方 ■

 東日本大震災の発生を機に、社会課題に対する科学技術・イノベーションの貢献がいかにあるべきか、また今後の安全・安心と持続的な成長に最大限に貢献する科学技術のあり方についてさまざまな議論とともに、具体的対策が展開されています。
 この8月に閣議決定された第4期科学技術基本計画でも、「日本における未曾有の危機と世界の変化」への対応にむけ、科学技術の役割も大きく変化していることを前提として、今後5年間にわたる科学技術国家戦略の方向性が示されています。ここでの戦略に基づき、「将来にわたる持続的な成長と社会の発展」の実現に向け、具体的にどの様な方策をとっていくかが問われております。
 そこで、今回のシンポジウムでは、わが国が取り組むべき戦略的視点と具体的とり組みについて関係識者にご参集いただきご議論いただきます。本シンポジウムは、議員連盟"科学技術の会" (代表 大畠章宏 衆議院議員、細田博之 衆議院議員、幹事長 斉藤鉄夫 衆議院議員)より提出予定の政策提言に伴って開催するものであります。
 このシンポジウムを、2012年当機構諸活動の出発点として位置づけたく、是非関係各位のご参加を御願い申し上げます。

日 時  
平成24年1月25日(水)午後2時00分-5時00分
会 場
学士会館2階 202号室(東京・神保町)
挨 拶
   西澤 潤一  当機構 会長、公立大学法人 首都大学東京 名誉学長
基調報告
   岸  輝雄  当機構 副会長
 東京大学 名誉教授、独立行政法人 物質・材料研究機構 顧問
特別講演
   大畠 章宏  衆議院議員、議員連盟"科学技術の会"共同代表

休 憩

講  演
   相澤 益男  総合科学技術会議 議員
講  演
   北澤 宏一  独立行政法人 科学技術振興機構 顧問
   コーディネーター  三浦 宏一 当機構 理事長
お申し込み
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、こちらのFAX送付状 出欠連絡表【FAX送付状 出欠連絡表】225KBにてお申し込み下さい。

お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校 第7期・第4回講座

■新市場開拓に向けた技術開発のポイント - 航空・宇宙産業に応える新事業連携 -■

 3.11大震災以降、日本の経営環境は大きく変化しております。こうした激動期を乗りきるため、第Z期の講座では、受講者がそれぞれかかえている経営課題をテーマとしてカリキュラムを編成します。そのため、年間のテーマを「新事業展開」、「グローバル化対応」、「経営基盤の整備」の3点におきながら、順次開講する予定です。
 1月の講座は、航空宇宙産業に応える高度な技術連合「アマテラス」代表をおつとめの、塩野 博万 さん(株式会社 塩野製作所 代表取締役社長)をお招きし、そのコンセプト、誕生の経緯、企業連携による技術開発の現状などを伺い、ご参加いただく皆様方とともに日本の中小製造業の技術と今後の経営の方向性を検討いただきます。

 それぞれに特筆すべき技術を誇る10社よりなる航空宇宙部品製造企業連合「アマテラス:AMATERAS(Advanced Manufacturing Association of Tokyo Enterprises for Resolution of Aviation System)」は、「補完し合うのではなく、組み上げる価値を!」キーワードに、航空宇宙産業が何を求めているかを精査し、マーケット・インを考え抜いたパフォーマンス提示により、海外メーカーへのピンポイントアプローチに成功されるなど、アジアの生産拠点から世界中へ部品を供給する部品生産企業集団として、また、国内プライムメーカーへも一貫生産サプライヤーのネットワークを創り上げておられます。
  (アマテラス: http://www.amateras-tyo.biz/   塩野製作所:http://www.shiono-mfg.com/pc/)

 新商品開発・技術開発に向けた企業連携は、新事業を展開する上で重要な経営課題となります。
 多数の皆様のご出席をお待ちしております。

日 時  
平成24年1月21日(土)午後1時00分-5時00分
会 場
日本工業大学専門職大学院 3 階 多目的ホール(東京・神保町)
挨拶
   三浦 宏一  一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 理事長
第1部
新市場開拓に向けた技術開発のポイント - 航空・宇宙産業に応える新事業連携 -
   塩野 博万 氏  アマテラス 代表、株式会社 塩野製作所 代表取締役社長
   コメンテーター : 小田 恭市 氏 日本工業大学専門職大学院教授
第2部
グループディスカッション
   講義の内容とも含め、新事業展開について意見交換いただきます。
新商品・サービスの必要性と成功のための課題
   コーディネータ : 高島 利尚 氏 中小企業診断士
新年の抱負
   ご参加者より新年の抱負をお話しいただきます。
第3部
施策情報
   及川  勝 氏  全国中小企業団体中央会 政策推進部長

※ 終了後、新年会(会費4,000円/受講生2,000円)を開催いたします。


中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:184KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 受講申込されていない方は、聴講費(教材・教室代)1回1万円を申し受けます。お支払いは以下の金融機関までお願いいたします。
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校 第7期・第2回講座

■新商品開発のポイント 技術とデザインの融合■

 3.11大震災以降、日本の経営環境は大きく変化しております。こうした激動期を乗りきるため、第Z期の講座では、受講者がそれぞれかかえている経営課題をテーマとしてカリキュラムを編成します。そのため、年間のテーマを「新事業展開」、「グローバル化対応」、「経営基盤の整備」の3点におきながら、順次開講する予定です。
 11月の講座はその第1陣として、オリジナル紙製品の開発成果により「勇気ある経営大賞」の特別賞を受賞された福永紙工株式会社 代表取締役社長の 山田明良さんにお越しいただき、新事業展開の要となる「新商品開発のポイント」を主題に、印刷技術とデザインの融合についてお話しいただきます。

 同社は、昭和38年の創業以来、印刷加工を行う典型的な受注型企業で化粧箱など紙製品の印刷、打抜・貼加工の一貫製造にたずさわってこられましたが、有能な外部デザイナーの活用と自社技術を融合させたオリジナル紙製品の開発に成功されました。紙という古くからの素材をつかって、繊細さや色遣い、新鮮なデザインによる新製品ラインナップをそろえ、国内外からの引き合いが絶えない状況です。
  (福永紙工:http://fukunaga-print.co.jp/  かみの工作所:http://www.kaminokousakujo.jp/)

 新商品開発の検討は、新事業を展開する上で重要な経営課題となります。
 多数の皆様のご出席をお待ちしております。

日 時  
平成23年11月26日(土)午後1時00分-5時00分
会 場
日本工業大学専門職大学院 5階501号室(東京・神保町)
挨拶
   三浦 宏一  一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 理事長
オリエンテーション
第Z期のカリキュラムと、講義の進め方について説明いたします
講義
新商品開発のポイント 技術とデザインの融合
   山田 明良 氏  福永紙工株式会社 代表取締役社長
施策情報
未定
意見交換
新商品・サービスの必要性と成功のための課題
   コーディネータ : 高島 利尚 氏 中小企業診断士
グループディスカッション
   講義の内容とも含め、新事業展開について意見交換いただきます。


中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:288KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

日中バイオテクノロジー先端フォーラム2011

 資源・エネルギーの不足、環境悪化など厳しい状況にある中、生物技術は人々の健康と食の安全を保証しているばかりでなく、省エネ・汚染物の排出削減、代替エネルギー、環境改善などの面においてもますます重要な役割を果たすようになっております。
 バイオ技術を利用して、持続可能な生態システムを維持するため、同分野における日中両国の学者間の交流と協力関係を強め、日中双方のプロジェクトをリンクさせながら、両国のバイオ技術研究及び生物産業の国際的影響力を強化していくことが求められております。
 そこで、当機構では日本科学技術協会との共催で、中国バイオエンジニアリング学会と連携して『日中バイオテクノロジー先端フォーラム2011』を、以下の要領で開催いたします。
皆様方多数のご参加をお待ちしております。

日 時
平成23年11月10日(木)-11(金)
会 場
東京海洋大学 品川キャンパス
主 催
社団法人 日本科学技術協会、中国生物エンジニアリング学会(CSBT)
共 催
東京海洋大学(TMST) 、一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構(HIA)
財団法人 日本科学振興財団(JSPF)、日本ビジネスインテリジェンス協会(BIS)
協 力
首都大学東京、東京大学 農学生命科学研究科、北里大学 生命科学研究所
かずさDNA研究所、『中国生物エンジニアリング』誌
プログラム
1日目:11月10日(木)
■全大会(9時〜12時30分)
  会 場:東京海洋大学 品川キャンパス 白鷹館
 ● 挨  拶 松山 優治 氏
高橋  宏 氏
三浦 宏一
張  忠翔 氏
東京海洋大学 学長
首都大学東京 理事長
先端技術産業戦略推進機構 理事長
中国生物エンジニアリング学会 副理事長
 ● 一般報告(テーマ:『食品・農業におけるバイオ技術の発展と産業政策』)
松延 洋平 氏
曲  楽慶 氏
コーネル大学 終身評議員、前鹿児島大学 客員教授
中国科学院植物研究所 研究員
■分科会セミナー(13時30分〜17時30分)
  会 場:東京海洋大学 品川キャンパス 講義棟4階
第1分科会テーマ:「海洋バイオテクノの研究と応用」
第2分科会テーマ:「農業バイオテクノの発展とグリーン食品」
第3分科会テーマ:「ホワイトバイオ現状と最先端研究」
第4分科会テーマ:「バイオ技術による医療の進歩」
■懇親会(18時〜19時30分)
2日目:11月11日(金)
■日中国際ポジウム(9時〜12時30分)
  テーマ:『バイオテクノロジーの活用と産業化』
  会 場:東京海洋大学 品川キャンパス 白鷹館
 ● 挨  拶 牛  建国 氏
岸  輝雄
三浦 一志 氏
中国駐日本大使館 参事官(予定)
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 副会長
財団法人 日本科学振興財団 理事長
 ● 特別講演 五十嵐泰夫 氏 東京大学大学院 農業生命研究科 教授
 ● 一般報告 廣野 育生 氏
布施 博之 氏
楊  中芸 氏
劉  金毅 氏
東京海洋大学 教授
芝浦工業大学 教授
中山大学 教授
北京三元DNA株式会社 副社長
お申し込み
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、こちらのFAX送付状 出欠連絡表【FAX送付状 出欠連絡表】225KBにてお申し込み下さい。
お問い合わせ先
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構
  TEL: 03-5282-2111  E-mail: info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校 第7期・第1回講座

■ 変革期における中小企業経営のあり方 ■

  中小企業技術経営大学校(MOT.S)は、平成17年10月に開講以来、7年目を迎えようとしております。この間、主として、自社の技術を生かし「経営革新」に取り組まれております中小企業経営者の方々から、「わが社の経営戦略」をテーマとする講義を重ね、受講生各位には経営の実態と経営の方向性を学んでいただくとともに、経営者の人格的内容というべき「暗黙知」を体感していただきました。
  また、中小企業施策や経営環境分析といった面の情報提供も取り入れながら、中小企業経営の経営について幅広なプログラムを提供して参りました。

 3.11大震災以降、日本の経営環境は大きく変化しております。第Z期MOT.Sの各講座では、この激動期を乗り切る中小企業の経営に対処する講演や検討が望まれています。今回の講義1では、自社内は元より、様々な企業連携の仕組みづくりやネットワーク、さらには中小企業施策を有効に活用して、経営革新を現実のものとされておられる東成エレクトロビーム株式会社 代表取締役社長の上野 保 氏に「変革期における中小企業経営のあり方」について、ご講義いただき、参加者皆様とともに、当課題について検討いたしたく存じます。また、講義2では、第7l期MOT.Sでの、講座のあり方等について、提案させていただきます。
 皆様方多数のご参加をお待ちしております。

日 時  
平成23年10月22日(土)午後1時00分-5時00分
会 場
日本工業大学専門職大学院 5階501号室(東京・神保町)
挨拶
   三浦 宏一  一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 理事長
     (産業・技術 海外展開支援協議会事業活動報告)
講義1
変革期における中小企業経営のあり方(仮)
   上野  保 氏  東成エレクトロビーム株式会社 代表取締役社長
情報提供
中小企業施策の概要(仮)
   塩田 康彦 氏  独立行政法人 中小企業基盤整備機構 中部支部長
講義2
中小企業経営の方向と第Z期MOT.Sの進め方
   高島 利尚 氏  中小企業診断士
意見交換会
参加者による意見交換・名刺交換会
   前講義の内容も含め意見交換いただきます。簡単な喫茶をご用意いたします。


中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:294KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

第139回研究会(社会インフラ部会)

■地域活性化の現状と課題■

 巨大地震・大津波・原発事故が同時に発生し複合大災害となった3.11東日本大震災からの復興と、これを契機とした日本全体の経済・社会の革新にむけた総合的なとり組みが進められています。
しかし、それ以前から進んでいた高齢化や総人口減少、国際競争の激化などの環境の変化に対して、地域活性化が経済・社会に対しておよぼす総合的なインパクトを見なおし、地域が自律的に発展する試みも各地で精力的に展開されていました。
 大震災からの復興を含め、今後の経済・社会のエンジンとなる地域全体の底上げをはかるため、政府の「新成長戦略『元気な日本』復活のシナリオ」にそって、地域の自律的な戦略、民間活力と資金、国の広範囲の施策をミックスさせた「選択と集中」により地域活性化を目指すべく、地域活性化統合本部では、総合特区制度、環境未来都市の公募などのとり組みを進めております。
 当機構・社会インフラ部会(部会長 近藤茂夫 財団法人 建設経済研究所 理事長)では、地域開発と社会の活性化について多様な議論をすすめて参りましたが、この度の研究会では、内閣官房 地域活性化統合事務局長 和泉洋人 様 をお招きして、首題によりご講演いただきます。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時 
平成23年10月5日(木) 14時00分〜15時30分
会 場
学術総合センター 2階「中会議場1」(東京・竹橋)
主 催
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 社会インフラ部会
後 援
社団法人 世界貿易センター(東京)
講 演
地域活性化の現状と課題
   和泉 洋人 氏 内閣官房 地域活性化統合事務局 事務局長
座 長
   近藤 茂夫 氏 財団法人 建設経済研究所 理事長
 当機構 社会インフラ部会 部会長
 
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:227KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校 第6期・最終講座

■ 大震災後の中小企業をめぐる日本経済 ■

 2005年よりスタートした中小企業技術経営大学校は、ご自身の経営意識を改革し、自社の技術を活かした経営戦略に基づく経営革新に取り組み、経営成果を上げている「革新企業」の経営者の方々を講師として招き、その経営理念、技術特性や経営の実態、技術・経営戦略やマネージメントについての講習や、経営者として必須となる技術経営管理の具体的な知識や手法についての講義を展開、5年間で150名以上の修了生を輩出して参りました。講座を通じて、主に後継者となる経営者候補の方々に経営上の人格形成に欠かせない「暗黙知」を体感いただき、さらに自らの経営課題を見すえた経営戦略の策定などについてアドバイスを受けていただきます。
 本校第6期シリーズも最終講座を迎え、例年に従って日本の中小企業の実態を俯瞰し、今後の経営指針の検討に必要な中小企業をめぐる経営環境に関する講座を開催します。講師は、第1期、第3期に「中小製造業の進むべき方向」と題する講義をいただいた政策研究大学院大学特認教授 橋本久義氏をお迎えし、テーマ「大震災後の中小企業をめぐる日本経済(案)」をご講義いただきます。
 橋本教授は、通産省(現 経済産業省)在職当時から日本各地の中小製造業を訪問、現在までに約4,000社の社長と面談、中小製造業の実態を絶えず把握し「町工場こそ日本の宝」との信念から数々の著作、論文、リポートを発表されています。大震災後は、復興を目指す災害地企業を訪問して、その実態を暖かくリポートされています(商工ジャーナル2011年8月号)。
 今後の経営方針検討の一助にしていただきたく、大勢の皆様のご参加をお待ちしております。

日 時  
平成23年9月17日(土)午後1時00分-5時00分
会 場
日本工業大学専門職大学院 3階 多目的ホール(東京・神保町)
講演1
   三浦 宏一  一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 理事長
講演2
大震災後の中小企業をめぐる日本経済(仮)
   橋本 久義 氏  政策研究大学院大学 特認教授
意見交換会
同上テーマに関する参加皆様を含めた意見交換会
終了後に懇親会開催(ご参加費)
 飲食を交えながら御懇談いただきます。懇親会にご参加の方は別途実費2,000円を申し受けます。参加費は下記により銀行振込、当日会場にてお支払いいただけます。銀行振込の場合、開催後のお振込みでもかまいません。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:298KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

第138回研究会(健康医療部会)

■ 社会保障と税の一体改革の動向 ■

 「超高齢化社会」と「人口減少社会」が進展し社会情勢が大きく変化するなかで、従来にも増して安心・安定への関心が高まっています。社会保障制度はそのベースを担うものですが、厳しい内外経済情勢をうけ財政をふくめ抜本的な改革の必要が迫られています。
 政府・与党社会保障改革検討本部は平成23年6月30日、社会保障・税一体改革成案を決定したところです。持続可能な制度をめぐり社会経済の活性化まで含め、負担増だけでなく「就労機会増を通じた支え手の増加」と「安心に裏打ちされた消費喚起」が議論されておりますが、やはり負担増と給付の公平性など、将来を見据えた充分な議論と合意形成が課題であることも事実です。
 当機構では健康医療部会において、政府、医療現場、学会など様々な視点から医療・保険など社会保障を巡る諸課題について議論を展開してまいりました。今回の研究会では、改革成案を中心に、わが国の社会保障や経済、財政を取り巻く状況、今後の目指すべき方向について、厚生労働省参事官(社会保障担当)伊奈川秀和 氏をお招きして、ご講演をいただきます。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時 
平成23年9月8日(木) 15時00分〜16時30分
会 場
学術総合センター 2階「中会議場1」(東京・竹橋)
講 演
社会保障と税の一体改革の動向
   伊奈川秀和 氏 厚生労働省 参事官(社会保障担当)
座 長
   田中 慶司 氏 学校法人 東京医科大学 理事長
 当機構 健康医療部会 部会長
 
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:234KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校 第6期・第11回講座

■ 中小企業のIT化戦略 ■

 2005年よりスタートした中小企業技術経営大学校は、ご自身の経営意識を改革し、自社の技術を活かした経営戦略に基づく経営革新に取り組み、経営成果を上げている「革新企業」の経営者の方々を講師として招き、その経営理念、技術特性や経営の実態、技術・経営戦略やマネージメントについての講習や、経営者として必須となる技術経営管理の具体的な知識や手法についての講義を展開、5年間で150名以上の修了生を輩出して参りました。講座を通じて、主に後継者となる経営者候補の方々に経営上の人格形成に欠かせない「暗黙知」を体感いただき、さらに自らの経営課題を見すえた経営戦略の策定などについてアドバイスを受けていただきます。
 3.11大震災以降、MOT.Sでは、企業再生を目指す災害対応課題を主たるテーマとして開講して参りましたが、8月は経済成長を実現する経営革新を目指す「中小企業のIT化戦略」をテーマに開講します。
 講師としてお迎えする雨森社長が率いる株式会社 ユニオン精密は、電子機器、携帯電話などに必要なあらゆる種類の精密ネジを生産しており、業界ではトップシェアを誇っておられます。同社は、生産管理システムをリプレースするにあたり、このたびIT活用による新システム「各工程の見える化」を実現し成果をあげています。その経緯や成果のご講義が、今後の皆様のIT化への取り組みの参考になればと存じご案内申し上げます。
 また、情報提供として 産業構造審議会(経済産業省設置)の情報経済分科会で検討されている「ITによる災害地の復興対策等」について、委員会に参画されておいでの東成エレクトロビーム 上野社長よりその内容などを提供して頂き、災害からの復興をふくめた新しい取り組みを学びます。
 皆様方多数のご参加をお待ちしております。

日 時  
平成23年8月20日(土)午後1時00分-5時00分
会 場
日本工業大学専門職大学院 3階 多目的ホール(東京・神保町)
挨拶
   三浦 宏一  一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 理事長
講演1
中小企業のIT化のポイント(案)
   高島 利尚 氏   ITマネジメント・サポート協同組合 理事長
講演2
生産管理システム構築とその効果(案)
   雨森 和彦 氏  株式会社 ユニオン精密 代表取締役社長
情報提供
ITによる災害地の復興対策等について(案)
   上野  保 氏  東成エレクトロビーム株式会社 代表取締役社長
終了後に懇親会開催(ご参加費)
 飲食を交えながら御懇談いただきます。懇親会にご参加の方は別途実費2,000円を申し受けます。参加費は下記により銀行振込、当日会場にてお支払いいただけます。銀行振込の場合、開催後のお振込みでもかまいません。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:306KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

第137回研究会(情報通信部会)

■ ICT国際展開の課題 ■

 東日本大震災とそれに伴う原発事故の影響は、海外向けの日本製品・産品、ブランド力に大きな影響を及ぼしています。こうした中、優秀な技術と高性能・高品質で安全な日本製品の信頼を回復し、各界が協力してわが国の技術・産業・製品を海外に紹介し信頼を取り戻すことが、従来にもまして求められております。
 わが国のICT 産業は、機器の高度化・多様化、通信基盤の整備でも世界トップレベルにありますが、機器の世界的シェアは相対的に低く、競争力強化のためにも積極的な国際展開に向けたとり組みが求められています。そこでは、グローバルな標準化の獲得、基盤をささえるマンパワーの育成などが重要課題として挙げられております。総務省においてもICT の国際展開を通じたイノベーションの創出により国際競争力を向上させるため、「ICT 国際競争力会議」等において、ICT と国際展開の将来のあるべき姿・方向性、今後採るべき具体的方策についてとり組みを進めております。
 そこで、今回の研究会では 総務省 情報通信国際戦略局 国際政策課長 淵江 淳 氏をお招きして、現情勢をうけて首題のテーマで開催いたします。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時 
平成23年7月26日(火) 15時00分〜16時30分
会 場
学術総合センター 2階「中会議場1」(東京・竹橋)
講 演
ICT国際展開の課題
   淵江  淳 氏 総務省 情報通信国際戦略局 国際政策課長
座 長
   土居 範久 氏 中央大学 研究開発機構 教授
 当機構 情報通信部会 部会長
 
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:236KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校 第6期・第10回講座

■ わ東日本大震災の復興に向けて■

 2005年よりスタートした中小企業技術経営大学校は、ご自身の経営意識を改革し、自社の技術を活かした経営戦略に基づく経営革新に取り組み、経営成果を上げている「革新企業」の経営者の方々を講師として招き、その経営理念、技術特性や経営の実態、技術・経営戦略やマネージメントについての講習や、経営者として必須となる技術経営管理の具体的な知識や手法についての講義を展開、5年間で150名以上の修了生を輩出して参りました。
 講座を通じて、主に後継者となる経営者候補の方々に経営上の人格形成に欠かせない「暗黙知」を体感いただき、さらに自らの経営課題を見据えた経営戦略の策定などについてアドバイスを受けていただきます。
 本講座では、東日本大震災の発生をうけて緊急講座を4月(「事業承継・リスクマネジメント」)、6月(「わが社の節電計画」)と実施してきましたが、7月は、「東日本大震災の復興に向けて」と題して、今後の復興への取組みをテーマに開催いたします。
 とくに震災関係データの取りまとめのため3ヶ月遅れで発行された今年度の中小企業白書について 中小事業庁 調査室長 星野 光明 氏より、日本の中小企業の現状を震災前後のデータを通して俯瞰的に捉えた解説をいただきます。また、復興支援の活用実態の情報を 中小企業基盤整備機構の復興推進担当から提供いただきます。その後、意見交換会での参加者皆様からの大震災後の経営環境等の変化の実感やご意見と併せて、今後の中小企業経営の方向を探る内容としました。
 皆様方多数のご参加をお待ちしております。

日 時  
平成23年7月23日(土)午後1時00分-5時00分
会 場
日本工業大学専門職大学院 3階 302教室(東京・神保町)
挨拶
   三浦 宏一  一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 理事長
講演
中小企業の現状と東日本大震災―中小企業白書から―
   星野 光明 氏  経済産業省 中小企業庁 調査室長
意見交換会
大震災後の中小企業の現状―わが社を取り巻く経営環境―
   コーディネーター : 中小企業診断士 高島 利尚 氏
情報提供
最新の中小企業震災復興施策と震災復興施策活用の実態
   木村 則彦 氏  中小企業基盤整備機構 震災緊急復興事業推進部 審議役
終了後に懇親会開催(ご参加費)
 飲食を交えながら御懇談いただきます。懇親会にご参加の方は別途実費2,000円を申し受けます。参加費は下記により銀行振込、当日会場にてお支払いいただけます。銀行振込の場合、開催後のお振込みでもかまいません。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:303KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

平成23年度通常総会 記念講演会

■ 産業技術政策の課題と展望 ■

 3月11日に発生した東日本大震災により被災された方、そのご家族・ご関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧・復興がなされることをお祈り申し上げます。
 原発問題も含め、今後の対応が内外で大きく注目されております。世界同時不況下のきびしい情勢にさらされてきた製造業・産業の復興にむけ被災地だけでなく国全体の底上げを目指さなければなりません。
 この度、平成23年度通常総会開催を記念し、未曾有の事態に対し復興と再生に向けた産業政策の課題と今後の展望について、経済産業省 産業技術環境局 産業技術政策課 統括技術戦略企画官 山内 輝暢 様をお招きし、首題によりお話を頂きます。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時 
平成23年7月15日(金) 16時00分〜17時00分
会 場
商工会館6階 会議室(東京・霞ヶ関)
講 演
産業技術政策の課題と展望
   山内 輝暢 氏 経済産業省 産業技術環境局
 産業技術政策課 統括技術戦略企画官
 
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:218KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

第136回研究会(自治・地域振興部会)

■ 東日本大震災と地方自治体の役割 ■

 3月11日に発生した東日本大震災の被災地域において復興計画の策定と具体的実施がはじまっております。しかし、東北から関東地方にわたる広範囲で甚大な被害をもたらした未曾有の災害であり、目前の緊急課題への対応へ応じるとともに、本格的な復興に向けた具体策の展開が求められています。生活再建 と、災害対策もふまえたまちづくりの両輪をあわせた復興を誰が担うか? 被災した市町村は高齢化も進み財政面でも厳しい状況にあり、市町村、県・国の役割と分担について早急に議論しなければなりません。
 当機構 自治・地域振興部会では、地域活性の視点から、平成の大合併や道州制論など地方自治、自治体再編について議論して参りましたが、今回の研究会では緊急対策として、今後の復興に向けた地方自治を担う各セクターの役割とビジョンについて、総務省 自治行政局長 久元 喜造 氏をお招きして、首題のテーマで開催いたします。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時 
平成23年7月6日(水) 14時00分〜15時30分
会 場
学術総合センター 2階「中会議場1」(東京・竹橋)
講 演
東日本大震災と地方自治体の役割
   久元 喜造 氏 総務省 自治行政局長
座 長
   小室 裕一 氏 財団法人 地方自治情報センター 前理事長
 当機構 自治・地域振興部会 部会長
 
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:221KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校 第6期・第9回講座

■ わが社の節電計画(緊急講座) ■

 2005年よりスタートした中小企業技術経営大学校は、ご自身の経営意識を改革し、自社の技術を活かした経営戦略に基づく経営革新に取り組み、経営成果を上げている「革新企業」の経営者の方々を講師として招き、その経営理念、技術特性や経営の実態、技術・経営戦略やマネージメントについての講習や、経営者として必須となる技術経営管理の具体的な知識や手法についての講義を展開、5年間で150名以上の修了生を排出して参りました。
 講座を通じて、主に後継者となる経営者候補の方々に経営上の人格形成に欠かせない「暗黙知」を体感いただき、さらに自らの経営課題を見据えた経営戦略の策定などについてアドバイスを受けていただきます。
 通例の講座では技術経営をテーマに開催しておりますが、6月の講座では、緊急対策として、今夏の電力需給にスポットをあてて開催いたします。まさに、平成23年5月13日、政府より夏期の電力需給対策を発表されましたが、今後夏に向けての電力の受給バランスは相当の悪化が見込まれ、このままでは、再び「計画停電の実施」が避けられない恐れも生じてきたとあります。この弊害を避けるため、東京・東北電力管内全域においては、需要の大小、産業界、家庭を問わず、平成23年7月1日〜9月22日の平日(東北電力は9月9日まで)9時〜20時の間、昨年同時期・時間帯における使用最大電力の値(1時間単位)の15%の需要抑制率を定め、これを遵守するよう各需要者に要請しました。
 このような電力事情に鑑み、6月のMOT.S講座では、参加各社の節電計画立案とその実施に資するため、多摩、相模原地域を中心に節電調査・指導を実施している 松浦 徹也 氏をお招きし節電対策の実情をお話しいただくとともに、既に節電計画を立案されている企業の方々から「わが社の節電計画」を発表していただき、皆様にご議論いただくことを中心に開催いたしたいと存じます。
 皆様方多数のご参加をお待ちしております。

日 時  
平成23年6月25日(土)午後1時00分-5時00分
会 場
日本工業大学専門職大学院 3階 302教室(東京・神保町)
講演
「今夏の節電対策について」―国の対策も含めて、各社の取組状況を説明―
   松浦 徹也 氏    中小企業診断士(環境測量士、技術士)
講演
わが社の節電対策
   株式会社 エリオニクス、株式会社 上島熱処理工業所 等より
意見交換会
参加者各社の意見交換
情報提供
大震災後のビジネスチャンス ―変化こそチャンス―
   塩田 康彦 氏  中小企業基盤整備機構 中部支部長
終了後に懇親会開催(ご参加費)
 飲食を交えながら御懇談いただきます。懇親会にご参加の方は別途実費2,000円を申し受けます。参加費は下記により銀行振込、当日会場にてお支払いいただけます。銀行振込の場合、開催後のお振込みでもかまいません。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:303KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

HIA環境セミナー(WTC合同講演会)

パラダイムシフト・危機の中での日本の進路
対外関係とエネルギー問題の視点から

 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震と原発事故からの復興に向け、さまざまな対策が進められているところです。大震災の発生以前より厳しい状況にあった内外情勢なかで、日本がその地位を回復するには、従来と同じ機能や能力の再生・復元では間に合いません。この大災害と原発事故の克服とあわせ、内外関係をふまえた経済・社会のあり方の大転換をしていくための、いわゆる「パラダイムシフト」が必要となっています。またこのようなときこそ、経済・社会をささえる産業・貿易のグランドデザインの転換をふまえた、復興のエンジンとなる産業全体の底上げを目指さなければなりません。
 そこで、今後の日本がとり組まなければならない「対外関係」と、「エネルギー・環境問題」にスポットをあててセミナーを開催することとなりました。とくに、日本が調達・市場として大きく関係をひろげてきたアジア周辺諸国との新たな関係構築のあり方について見なおすこと、原発事故を受けてエネルギー負荷に関心が集まっていることから、トップレベルの環境技術を活かして世界に貢献できるエコプロダクツを提案していく、この二つの視点からそれぞれの分野でトップレベルの先生方をお招きして以下の要領でセミナーを開催いたします。
 本来ですと、HIA環境セミナーとして本年3月の開催を予定していましたが、かかる事態を受けて急遽、如上の問題視点のもと、「社団法人 世界貿易センター(東京)」との共催で開催することとなりました。
 是非皆様方のご参加をお待ち申し上げております。

日 時
平成23年6月14日(火) 14:00-17:00
参加費
無料
会 場
世界貿易センタービル38階「フォンテーヌ」(東京・浜松町)
主 催
社団法人 世界貿易センター(東京)、株式会社 世界貿易センタービルディング
世界貿易センタークラブ(東京)
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構
協 賛
独立行政法人 科学技術振興機構
プログラム

「アジア太平洋時代と日本外交」
    谷内正太郎 氏 早稲田大学 日米研究機構 教授、日本国政府代表
    (コーディネータ 三浦 宏一 当機構理事長、WTC専務理事)

「エネルギー需給に備えて・エコプロダクツ普及の課題」
    山本 良一 氏 東京大学 名誉教授、国際グリーン購入ネットワーク 会長
    (コーディネータ 小島  明 氏 日本経済研究センター 研究顧問)
お申し込み
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、こちらのFAX送付状 出欠連絡表【FAX送付状 出欠連絡表】541KBにてお申し込み下さい。
お問い合わせ先
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構
  TEL: 03-5282-2111  E-mail: info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校 第6期・第8回講座

■わが社の経営戦略 ―アナログ技術とデジタル技術の融合を目指して― ■

 5月の講座では、創業60年を迎えたプラスチック金型メーカー 株式会社 長津製作所 代表取締役会長 牧野俊清 氏をお招きして、“高精度と短納期”を武器に、国内外の生産体制を整え、業績を伸ばしてきた経営戦略についてのご講義をいただきます。
 同社は、大学や公的研究機関、企業との連携により、超精密ナノレベルの加工等にとりくみ、精密金型を国内で製作し、中国工場での量産成型により、中国に展開する日本メーカー等との取引拡大を実現しております。また、経験や勘に頼らざるを得ない技術・技能(アナログ技術)の伝承に注力しながら、超精密ナノ加工技術(デジタル技術)の開発を進め、光学分野、医療分野への市場開拓への道筋を開いたことの評価により、平成22年度「勇気ある経営大賞“優秀賞”」を受賞されました。
 皆様方多数のご参加をお待ちしております。

日 時  
平成23年5月21日(土)午後1時00分-5時00分
会 場
日本工業大学専門職大学院 3階 302教室(東京・神保町)
挨拶・講義
“パラダイムシフト”・日本再生
   三浦 宏一    一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 理事長
講演
わが社の経営戦略 ―アナログ技術とデジタル技術の融合を目指して―(仮)
   牧野 俊清 氏  株式会社 長津製作所 代表取締役社長
情報提供
平成23年度の環境ものづくりに関する中小企業支援施策(仮)
   中村 友紀 氏  経済産業省 関東経済産業局 地域経済部 地域振興課 産業クラスター専門官
終了後に懇親会開催(ご参加費)
 飲食を交えながら御懇談いただきます。懇親会にご参加の方は別途実費2,000円を申し受けます。参加費は下記により銀行振込、当日会場にてお支払いいただけます。銀行振込の場合、開催後のお振込みでもかまいません。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:303KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校・緊急講座

■ 事業継続・リスクマネジメントの考え方 ■

 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により被災された方、そのご家族・ご関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧・復興がなされることをお祈り申し上げます。
 東北・北関東地方を中心に、震災による大きな被害が連日報じられております。このようなときこそ、復興にむけ、今後の経済・社会を支える製造業、産業全体の底上げを目指さなければなりません。震災の直接的影響により、昨3月の講座は休講とさせていただいたところですが、今回 4月の講座は、急遽 危機に対応するリスク管理と事業継続に焦点をあて、皆様方の意見もいただきながら意見交換の場として開催いたします。
 本来ですと、例年4月は 日本工業大学 宮代キャンパスにて開催する予定でしたが、計画停電の影響なども考慮し急遽 通例通り神保町の専門職大学院にて開講することとなりました。
 本講座は、23年度のHIA機構の初会合となるものであり、未曾有の危機にさいして会員・関係者の皆様の英知と力の結集点として出発してまいりたいと考えております。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時 
平成23年4月16日(土)午後1時00分-4時00分
会 場
日本工業大学専門職大学院 3階 多目的ホール(東京・神保町)
講演1
東北関東大震災後の体験的リスクマネジメント試論
   児島  正 氏  工学院大学「新都心の地域減災セミナー」運営委員会委員
 (勤務先 NKSJリスクマネジメント株式会社)
講演2
東日本大震災を踏まえた企業のリスクマネジメントと事業継続
   新藤  淳 氏 NKSJリスクマネジメント株式会社 コンサルティング部 社会公共グループ
意見交換
事業継続・リスクマネジメントの考え方
  ご参加者同士で意見交換いただき、リスクマネジメントのあり方を検討します
コーディネータ
   高島 利尚 氏
 TMI主宰・中小企業診断士
(誠に恐縮ですが会場の都合もあり4月度の懇親会は中止とさせていただきます)

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:561KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

HIA環境セミナー(環境イノベーション部会)

 【開催中止・延期のご連絡】

 3月25日に予定しておりました表記「HIA環境セミナー」につきましては、11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響により【中止・延期】とさせて頂きます。
 延期日程は、5月の開催を目処に調整いたしており、確定次第、改めて案内させていただきます。
 ご参加お申し込みいただいた皆様、ご関係者様におかれましてはご迷惑をおかけしますが ご理解いただきますようお願い申し上げます。

低炭素革命に向けたグリーン・イノベーション
エコプロダクツの普及拡大に向けた環境整備

近年の世界的規模での地球環境問題への取り組み、最近の資源・エネルギーの受給逼迫などを背景に、持続可能な社会の実現に向けた環境重視の技術革新(環境イノベーション)が、今後のイノベーションが向かうべき方向の一つとして位置づけられております。当機構では、次世代の社会、地球、持続可能な社会の実現を念頭においた、「環境イノベーション部会(部会長山本良一東京大学名誉教授)」を設置しております。省エネルギー機器や、リサイクル・リユース製品に代表されるエコプロダクツ(環境調和型製品)については、日本の環境技術は世界をリードしております。しかし、今後とも優れたエコプロダクツを持続的に開発・創出させる土台作りに向け総体的な取り組みをさらに進める必要があります。本部会のセミナーとして、この度エコプロダクツの普及拡大に向けて、産業・投資等を含めた国の内外での基盤整備の方向性という視点からセッションを開催いたします。
多くの皆様のご参加を、心よりお待ちいたしております。

日 時
平成23年3月25日(金) 14:00~16:30
参加費
無料
会 場
如水会館2階「オリオン」(千代田区一ツ橋)
主 催
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 HIA環境イノベーション部会
共 催
社団法人 世界貿易センター(東京)
協 賛
独立行政法人 科学技術振興機構 低炭素社会戦略センター
プログラム

基調講演
「エコプロダクツ普及拡大の課題」
    山本 良一 氏 東京大学 名誉教授、国際グリーン購入ネットワーク 会長
            HIA環境イノベーション部会 部会長

事例紹介
「グリーン産業支援策について」
    斉藤  群 氏 経済産業省 地域経済産業グループ 産業施設課長

事例紹介
「社会イノベーション事業のグローバル展開」
    高橋 庸一 氏 株式会社 日立製作所 地球環境戦略室

質疑応答
お申し込み
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、こちらのFAX送付状 出欠連絡表【FAX送付状 出欠連絡表】831KBにてお申し込み下さい。
お問い合わせ先
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構
  TEL: 03-5282-2111  E-mail: info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校 第6期・第6回講座

 【開催中止のご連絡】

 3月19日に予定しておりました表記「中小企業技術経営大学校 第6期・第6回講座」につきましては、11日に発生した東北地方太平洋沖地震、今後の余震等の可能性や電力供給不足に伴う節電協力や交通網への影響など、諸状況を総合的に判断し、【中止】とさせて頂きます。
 開催延期・順延日程等につきましては、現在のところ未定となっておりますが、決まり次第改めてご案内申し上げます。
 ご参加お申し込みいただいた皆様、ご関係者様におかれましてはご迷惑をおかけしますが ご理解いただきますようお願い申し上げます。

■ わが社の経営戦略・ナノメートルへの飽く無き探求−どんなに進歩しようとも職人は必要 ■

 3月の講座では、講師に 三鷹光器株式会社 代表取締役社長 中村 勝重 氏をお招きし、「創造と信頼」を社是に、同社が創業以来取り組んでこられた「光をテーマにした先端技術」をご講義いただきます。
 宇宙観測機器の設計製作技術を生かした同社の高精度天体望遠鏡、光学測定装置、手術用顕微鏡などの医療機器等は、世界トップレベル製品として高く評価されています。特に、昨年発表された鏡面集熱技術を生かした集光式タワー型太陽熱発電システム「ヘリオスタット」は、CO2削減を目指す地球環境を考慮した代替エネルギー設備として、大いに期待が寄せられています。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時  
平成23年3月19日(土)午後1時00分-5時00分
会 場
日本工業大学専門職大学院 3階 多目的ホール(東京・神保町)
レクチャー1
中小企業の情報化戦略(仮題)
   高島 利尚 氏  ITマネジメント・サポート協同組合 理事長・中小企業診断士
レクチャー2
JST産学官連携・研究開発情報ポータルサイト「産学官の道しるべ」の活用策
講演
わが社の経営戦略・ナノメートルへの飽く無き探求−どんなに進歩しようとも職人は必要
   中村 勝重 氏  三鷹光器株式会社 代表取締役社長
情報提供
平成23年度中小企業施策の概要(仮題)
   塩田 康彦 氏  独立行政法人 中小企業基盤整備機構 中部支部長
終了後に懇親会開催(ご参加費)
 飲食を交えながら御懇談いただきます。懇親会にご参加の方は別途実費2,000円を申し受けます。参加費は下記により銀行振込、当日会場にてお支払いいただけます。銀行振込の場合、開催後のお振込みでもかまいません。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:557KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

TPP問題講演会(WTC主催/HIA協賛)

TPP(環太平洋パートナーシップ協定)と日本

例外品目を基本的に認めない関税撤廃を目指す「環太平洋パートナーシップ協定(TPP)」についての枠組み作り、日本の参加のあり方など、グローバル化対応の構造改革に向けたビジョン策定が喫緊の課題として注目されております。
当HIA機構では、TPPと農業交渉を焦点とした研究会(「国際交渉と食料・農業」)を2月16日に開催するところですが、それに引き続き3月2日に如上の通り、当HIA機構 理事長の三浦宏一が専務理事をつとめる社団法人 世界貿易センター(東京)において、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉の展開にフォーカスをあてて、セミナーを開催することとなり、HIA機構の皆様にもご参加いただきたくご招待頂いております。
なお本講演会の結果を、日本政府への要望として取りまとめる予定です。皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時
平成23年3月2日(水) 午後1時〜午後3時40分
会 場
世界貿易センタービル38階会議場「フォンテーヌ」(東京・浜松町)
主 催
株式会社 世界貿易センタービルディング、社団法人 世界貿易センター(東京)
協 賛
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構
プログラム
13:00- 開催挨拶 堤  富男 氏 社団法人 世界貿易センター(東京) 会長

13:10-

講  演 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)と日本
     西山 英彦 氏 経済産業省 大臣官房審議官

14:20-

パネルディスカッション
     潮田 道夫 氏 毎日新聞社 論説委員
     平塚 大祐 氏 日本貿易振興機構 アジア経済研究所
             研究企画部 研究企画部長
     小島  明 氏 日本経済研究センター 研究顧問      
コーディネータ
     三浦 宏一   当機構理事長、WTC 専務理事
お申し込み
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:90KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(複数名参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

第135回研究会(健康・医療部会)

■ 医療政策の課題について ■

 「超高齢化社会」と「人口減少社会」を迎え、経済・社会に大きな転換が迫られております。一方、社会保障制度の財政問題をはじめとして、診療科や地域による医師配置のアンバランス、地域医療圏の崩壊、救急医療体制の危機など、戦後の皆保険制度が達成してきた安心・安全な社会の要としての医療のフリーアクセスへの不安は深刻さを増しつつあります。
 当機構では健康医療部会において、政府、医療現場、学会など様々な視点から医療制度を巡る諸課題について議論を展開してまいりました。今回の研究会では、こうした諸課題を包括的に議論するため、高い質、公平性、効率性が求められる医療政策を巡る課題と今後の方向について、厚生労働省 大臣官房 総括審議官 二川 一男 氏をお招きして、首題のもとご講演をいただきます。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時 
平成23年2月24日(木) 15時00分-16時30分
会 場
学術総合センター 2階「中会議場1」(東京・竹橋)
講 演
医療政策の課題について
   二川 一男 氏 厚生労働省 大臣官房 総括審議官
座 長
   田中 慶司 氏 学校法人 東京医科大学 理事長
 当機構 健康医療部会 部会長
 
参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:102KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校 第6期・第5回講座

■ 我社の経営戦略について・人と地球のための化学 ■

 今回は「人と地球のための化学」を追求し、「セーフティ」「セキュリティ」「ヘルス」の産業分野において独創的な技術を駆使して、新素材、新製品、新事業を展開している 根本特殊化学株式会社 代表取締役会長 根本 郁芳 氏をお招きして、首題のテーマのもとご講義を頂きます。
 同社の開発した「新しい夜光 ルミノーバ」は、瞬く間に世界の夜光時計を制覇する一方、国内はもとより、世界各国で避難誘導標識の規格に採用されるなど、その用途は、拡大の一途を辿っています。当社は、これまで「日経優秀製品・サービス賞」「大河内記念技術賞」「特許活用優良企業(経済産業大臣賞)」等数々の表彰を受賞したグローバルな技術開発型企業です。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時  
平成23年2月19日(土)午後1時00分-5時00分
会 場
日本工業大学専門職大学院 3階 多目的ホール(東京・神保町)
講演1
ベンチャー企業の成功と失敗の分かれ道
   松浦 利幸 氏  元フジサンケイ ビジネスアイ記者
講演2
我社の経営戦略について・人と地球のための化学
   根本 郁芳 氏  根本特殊化学株式会社 代表取締役会長
情報提供
全国中小企業団体中央会による中小企業施策(仮題)
   及川  勝 氏  全国中小企業団体中央会 政策推進部長
終了後に懇親会開催(ご参加費)
 飲食を交えながら御懇談いただきます。懇親会にご参加の方は別途実費2,000円を申し受けます。参加費は下記により銀行振込、当日会場にてお支払いいただけます。銀行振込の場合、開催後のお振込みでもかまいません。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:557KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

第134回研究会(農業・ライフ部会)

■ 国際交渉と食料・農業 ■

 例外品目を基本的に認めない関税撤廃を目指す「環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)」を巡り,特に賛否両論の中核となっている農業分野の対応についての議論が焦点となっております。しかしながら、厳しい国際間競争のさらなる激化は確実であり、TPPについての枠組み作りが進められる中、日本がどの様に参加していくか、グローバル化対応の構造改革に向けたビジョン策定が急務となります。折しも日米両政府は1月13日、ワシントンでTPPを巡る初日の協議を実施するなど、今後の対応が注視されています。
 当機構 農業ライフ部会では、農業は多様な魅力を持つ産業であることを踏まえ、WTO等の枠組みを通じた積極的な貿易政策、新たな付加価値の創出やジャパンブランドの確立による国産農産物振興などについて研究会を開催して参りました。
 今回の研究会では、農林水産審議官をつとめられ、WTO交渉等の国際問題を陣頭指揮された、村上 秀 氏(現在、農林水産省 国際顧問)をお招きしてご講演をいただきます。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時  
平成23年2月16日(水) 15時00分-16時30分
会 場
学術総合センター 2階「中会議場3」(東京・竹橋)
主 催
 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 農業・ライフ部会
後 援
 社団法人 世界貿易センター(東京)
講 演
国際交渉と食料・農業
   村上 秀栫@氏  農林水産省 国際顧問
座 長
   渡辺 好明 氏  株式会社 東京穀物商品取引所 代表取締役社長
 当機構 農業・ライフ部会 部会長

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:102KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校 第6期・第4回講座

■ 中小企業の環境経営 ■

 2011年最初の講座は、取組が急務といわれる地球環境問題を取り上げ、「経営理念」に環境サプライチェーンや、グリーン調達の推進等を掲げる カネパッケージ株式会社 代表取締役社長 金坂 良一 氏をお招きし、その目指すところを紹介していただきます。
 同社は、流通過程での製品を保持する「緩衝材」を開発する傍ら、関連会社との提携による梱包から配送までをフォローするトータル物流体制による物流経営に取り組んでいますが、この度、平成22年度の『TAMA環境ものづくり大賞』で、「グローバル環境賞」を受賞されました。これは、二酸化炭素排出量ゼロを目指す海外でのマングローブ植林によるオフセット活動と日頃の社内の環境改善活動が評価されたものです。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時  
平成23年1月22日(土)午後1時00分-5時00分
会 場
日本工業大学専門職大学院 3階 多目的ホール(東京・神保町)
挨拶・講義
講 義
日本工業大学(講師選定中)
わが社の経営戦略 ―環境経営を目指して―(仮題)
   金坂 良一 氏  カネパッケージ株式会社 代表取締役社長
講 演
中小企業の環境経営の現状(仮題)
   松浦 徹也 氏  中小企業診断士(環境測量士、技術士)
 (中小企業診断協会 東京支部 常任理事・三多摩支部会長)
終了後に懇親会開催(ご参加費)
 飲食を交えながら御懇談いただきます。懇親会にご参加の方は別途実費2,000円を申し受けます。参加費は下記により銀行振込、当日会場にてお支払いいただけます。銀行振込の場合、開催後のお振込みでもかまいません。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:557KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

第133回研究会(HIA環境セミナー/環境イノベーション部会)

■ オリックスのエコサービスについて ■

   近年の世界的規模での地球環境問題への取り組み、最近の資源・エネルギーの受給逼迫などを背景に、持続可能な社会の実現に向けた環境重視の技術革新(環境イノベーション)が、今後のイノベーションが向かうべき方向の一つとして位置づけられております。
 大学・研究機関や産業界などから創出される革新技術の効果を最大限に活かすには、最適化のためのオペレーションやビジネスモデル作りが欠かせません。そこで注目されるのが、新しい環境技術やエコプロダクツを、消費サイドのニーズにそったかたちで実現・展開させるために必要な機能を付加する「エコサービス」の提供です。
 当機構では、世界をリードする環境イノベーション・新産業の創出について検討する、「環境イノベーション部会(部会長 山本良一 東京大学 名誉教授)」を設置しております。今回の研究会では、オリックス環境株式会社 取締役社長 小原 真一 様をお迎えして、上記のエコサービスの取り組みについて広く議論いただくべく研究会を開催いたします。
 オリックスグループでは、主事業であるリースやレンタルなどの金融サービスを通じて、顧客の環境負荷低減に寄与する「エコサービスインテグレーター」を目指し、太陽光発電やバイオマス燃料、ESOC事業や電力ビジネスなどのエネルギー分野からハイブリッド車・電気自動車などエコカーの普及、廃棄物処理やリサイクルなどの資源循環分野まで、具体的な取組みを展開されております。今回お話しをいただく、小原 様は、同グループで環境ビジネスを推進するために設けられた、グループCPO(Climate Protection Offiecer : 気候保護責任者)を兼務されるなど、エコサービスから具体的な環境ビジネスの展開まで幅広いご講演を伺います。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時  
平成23年1月18日(火) 14時00分-16時00分
会 場
学術総合センター 2階「中会議場1・2」(東京・竹橋)
挨 拶
   岸  輝雄 氏  社団法人 日本工学会 会長、当機構 副会長
講 演
オリックスのエコサービスについて
   小原 真一 氏  オリックス環境株式会社 取締役社長
オリックスグループ CPO(気候保護責任者)
座 長
   山本 良一 氏  東京大学 名誉教授、国際グリーン購入ネットワーク 会長、当機構 環境イノベーション部会 部会長

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:557KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校 第6期・第3回講座

■ 地下水飲料化ビジネス市場の開拓と周辺市場への新規展開 ■

 12月度講座では地下水飲料化ビジネスの国内トップシェアーを持つ企業である 株式会社 ウェルシィ 代表取締役社長 福田章一氏をお招きしお話しをいただきます。福田社長には、2007年1月の本講座において、創業までのご苦労と経営基盤を確立するまでの経営の機動についてご講義いただきました。今回の講座では、引き続き同社の「地下水飲料化システム」、「工業用水飲料化システム」等の開発、生産、販売の実態をとおして、国内トップシェアーを維持する経営戦略を中心にご講演をいただきます。同社は、2008年の四川大地震、今年1月のハイチ災害には、いち早く支援の手を差し伸べるなど、企業活動を通じて国際貢献にも取り組まれておられます。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時  
平成22年12月18日(土)午後1時00分-5時00分
会 場
日本工業大学専門職大学院 3階 多目的ホール(東京・神保町)
挨拶・講義
海外展開を包括的に支援する「日本ブランド協議会」の創設
   三浦 宏一  一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 理事長
講 義
地下水飲料化ビジネス市場の開拓と周辺市場への新規展開
   福田 章一 氏  株式会社 ウェルシィ 代表取締役社長
講 演
中小企業支援施策の紹介
   塩田 康彦 氏  独立行政法人 中小企業基盤整備機構 中部支部長
終了後に懇親会開催(ご参加費)
 飲食を交えながら御懇談いただきます。懇親会にご参加の方は別途実費2,000円を申し受けます。参加費は下記により銀行振込、当日会場にてお支払いいただけます。銀行振込の場合、開催後のお振込みでもかまいません。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:143KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

第132回研究会(エネルギー産業部会)

■ 国際原子力情勢とわが国原子力利用の展望 ■

 原子力の平和利用と3Sを進める国際原子力機関(IAEA)で、原子力安全・セキュリティ分野の活動を統括する立場にあり、IAEAの活動の3本柱の一つである原子力安全・セキュリティ分野の責任者を永らく務めてこられたIAEA前事務次長 谷口富裕 氏をお招きして、表題のもとお話しをいただきます。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時  
平成22年11月26日(金) 15時00分-16時30分
会 場
学術総合センター 1階「特別会議室」(東京・竹橋)
講 演
国際原子力情勢とわが国原子力利用の展望
   谷口 富裕 氏  国際原子力機関(IAEA)前 事務次長
座 長
   松尾 邦彦 氏  国際石油開発帝石株式会社 相談役、当機構 エネルギー産業部会 部会長

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:102KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

日中問題講演会(WTC主催/HIA協賛)

最近の中国情勢と日中関係

 このたび、当HIA機構 理事長の三浦宏一が専務理事をつとめる社団法人 世界貿易センター(東京)において、緊迫する日中関係にフォーカスをあてて緊急講演会を開催することとなりました。
 今年9月、尖閣諸島沖での衝突事件を契機に、外交だけでなく民間交流や経済・貿易面でも大きな影響を及ぼしている日中関係の今後について、駐中国・インド大使を歴任された谷野作太郎 様、JETROアジア経済研究所にて東アジア(中国・香港)経済論をご専門とされる丸屋豊二郎 様をお招きして、日中関係の今後について外交・政治、経済の各側面からご講演をいただきます。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時  
平成22年11月24日(水) 14時00分-17時00分
会 場
世界貿易センタービル38階会議場「フォンテーヌ」(東京・浜松町)
講 演
アジアの巨竜・中国といかに取り組むか - 最近の中国情勢と日中関係 -
   谷野作太郎 氏  日中友好会館 副会長(元 駐 中国大使)
講 演
最近の中国経済と日中経済関係 - 現状と展望 -
   丸屋豊二郎 氏  日本貿易振興機構(JETRO)理事

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:143KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(複数名参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校 第6期・第2回講座

■ バトンタッチの大切さ 100年企業を目指す ■

 今回は、講師に 株式会社 ナガセ 代表取締役社長 長瀬透氏 をお招きして、昭和20年の創業より一貫して板金加工を手掛け、徹底した社員教育、設備の拡充に力を入れ、高品質、高信頼製品の提供を可能にしている企業戦略を中心にご講演いただきます。
 同社は、板金加工技術のなかの特殊なしぼり加工一筋に、エレクトロニクス・電気部品・医療機器・真空機器・農機具・航空機・通信機器・照明器等の多岐にわたる部品製造と組立加工を行っており、「元気なモノ作り中小企業 300社 2008年」にも選定されております。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時  
平成22年11月20日(土)午後1時00分-5時00分
会 場
日本工業大学専門職大学院 3階 多目的ホール(東京・神保町)
挨 拶
   三浦 宏一  一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 理事長
講 義
日刊工業新聞社より産業動向情報のご紹介
   奥田 耕士 氏  日刊工業新聞社 編集局 中小企業部長
講 演
バトンタッチの大切さ 100 年企業を目指す
   長瀬  透 氏  株式会社 ナガセ 代表取締役社長
情報提供
環境激変期における中小製造業の技術経営に関する調査研究の報告
「中小製造業の技術経営」におけるコア技術と市場開拓を中心として
   鈴木 直志 氏  独立行政法人 中小企業基盤整備機構 経営支援情報センター 統括ディレクター
終了後に懇親会開催(ご参加費)
 飲食を交えながら御懇談いただきます。懇親会にご参加の方は別途実費2,000円を申し受けます。参加費は下記により銀行振込、当日会場にてお支払いいただけます。銀行振込の場合、開催後のお振込みでもかまいません。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:561KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

第131回研究会(バイオマス研究会)

■ 地域特性を活かした自然エネルギーの利活用と地域活性化 ■

   農林水産分野はバイオマスや新素材、アグリヘルス分野など、様々な成長に向けた潜在力を秘めています。また、農山漁村に豊富にある太陽光、水力、バイオマスといった自然エネルギーの活用にも社会的な関心が集まっています。今後の農山村の活性化には、様々な潜在力や自然エネルギーをはじめとする地域の資源を活用していく必要があります。逆の視点から見ると、地域におけるバイオマス資源の利活用のためには、その地域の農林水産業と、それを支える農山村の役割が重要であり、その導入、維持、増進のための新たな社会システムの構築が求められています。
 その活性化の基本要素は、農山漁村が持つ「地域資源」とそれを商品価値に転換する「先進的技術・人材」、その商品の売り先となる「顧客・市場」の各要素を組み合わせて、農山村・コミュニティの活力が向上する仕組みを検討しなければなりません。
 当機構 農業ライフ部会(部会長 渡辺 好明 東京穀物商品取引所 理事長)では、平成21年度において「農山漁村への先進的技術の導入による地域活性化検討調査」を実施し、地域で上記のような取り組みを進め、産業・雇用創出に結びついた事例の分析を通してその成功要因について調査・検討を行いました。
 そこで、今回の研究会では、本年11月に開催される「バイオマスエキスポ2010」の一環として、地域特性を活かした自然エネルギーの利活用と、それを支える地域活性化のあり方について検討することといたします。そのため、農業をはじめとした地域共生型のネットワーク社会を創ることを目的に、“村・人・時代づくり”にとりくむ、特定非営利活動法人 えがおつなげて 代表理事の 曽根原久司 氏をお招きして、地域特性を活かした自然エネルギーの利活用と地域活性化をテーマとしてご講演いただきます。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

なお今回の研究会は「バイオマスエキスポ2010」の専門セミナーとして開催いたします。
本セミナーへのご参加ご登録に加え、同エキスポへのご参加登録も必要となります。詳細は裏面をご覧ください。

日 時  
平成22年11月19日(金) 15時30分-17時00分
会 場
東京ビッグサイト 会議室(1)(東京・有明)
講 演
地域特性を活かした自然エネルギーの利活用と地域活性化
   曽根原久司 氏  特定非営利活動法人 えがおつなげて 代表理事

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:176KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

第130回研究会(社会インフラ部会)

■ 新成長戦略と地域活性化 ■

   人口高齢化と総人口減少、グローバル化と国際競争の激化という我が国経済・社会を取り巻く環境が大きく変化する中、総合的に国力を支える地域の自律的発展に向けた基盤整備のあり方が模索されております。
 政府においても、この6月に閣議決定された「新成長戦略」に基づき、規制の特例措置や税制・財政・金融上の支援措置等をパッケージ化して実施する「総合特区制度」の創設の制度設計を行っております。ここでは、経済の成長エンジンとなる競争優位性のための拠点となる「国際戦略総合特区(仮称)」と、地域資源を最大限活用した地域力の向上を図る「地域活性化統合特区(仮称)」の2つのパターンが想定されており、行政と民間、住民などの総合的参加により人々の支え合いと活気のある地域社会を目指す、「新しい公共」の強化を図ろうというものです。
 当機構・社会インフラ部会(部会長 近藤茂夫 財団法人 建設経済研究所 理事長)では、地域開発を軸とした経済・社会の活性化について多様な観点から検討を進めているところですが、この度、内閣官房 地域活性化統合事務局 事務局長 和泉洋人 様をお招きして、首題によりご講演をいただく機会を得ました。
 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時  
平成22年11月16日(火) 15時00分-16時30分
会 場
日本教育会館 9階901号室(東京/竹橋・神保町)
講 演
新成長戦略と地域活性化
   和泉 洋人 氏  内閣官房 地域活性化統合事務局 事務局長
座 長
   近藤 茂夫 氏  財団法人 建設経済研究所 理事長、当機構 社会インフラ部会 部会長

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:102KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp

 

中小企業技術経営大学校 第6期・第1回講座

■ 第二創業 - どのように士気を高め、体質改善したか - ■

 本講座第6期目のスタートをかざる10月講座では、講師に 株式会社 エリオニクス 代表取締役会長 本目 精吾 氏 をお招きして、第二創業への挑戦と、その後の事業展開を中心にお話しをいただきます。
 同社は、ナノテクノロジーの研究開発に必要な、電子・イオン等の粒子線や光・X 線等の電磁波に関する技術を応用した各種機器・システムの研究・開発・設計・製造・販売・技術提供などを行っており、産学官連携での電子線ディスクマスタリング装置開発により、第8回(2010年)「産学官連携功労者表彰」経済産業大臣賞」を受賞しております。

 皆様方多数の御参加をお待ち申し上げております。

日 時  
平成22年10月23日(土)午後1時00分-5時00分
会 場
日本工業大学専門職大学院 3階 多目的ホール(東京・神保町)
挨 拶
   三浦 宏一  一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構 理事長
講 義
日本工業大学専門職大学院および担当授業のご紹介
   小田 恭一 氏  日本工業大学 専門職大学院 教授
講 演
第二創業 - どのように士気を高め、体質改善したか -
   本目 精吾 氏  株式会社 エリオニクス 代表取締役会長
情報提供
首都圏産業活性化協会(TAMA協会)の事業内容と活用策(仮)
   岡崎 英人 氏  一般社団法人 首都圏産業活性化協会 事務局長
終了後に懇親会開催(ご参加費)
 飲食を交えながら御懇談いただきます。懇親会にご参加の方は別途実費2,000円を申し受けます。参加費は下記により銀行振込、当日会場にてお支払いいただけます。銀行振込の場合、開催後のお振込みでもかまいません。

中小企業技術経営大学校(MOT.S)の詳細については、こちらのリンク先をご参照ください。

参加御希望の方は、「ご参加登録フォーム」か、FAX参加申込書(pdf:553KB)に御記入の上、FAXにて下記宛てにお送り下さい。(5名以上参加御希望の場合はお手数ですがコピーして御記入下さい)
開催日前日までに、折り返しFAXかメールにて参加票をお送りいたします。

FAX 03-5282-2137

□ 支払銀行名
  三井住友銀行    神田支店 普通 2429645
  みずほ銀行     神田支店 普通 1185936
  三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1231752

□ 口 座 名 一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構

※振込料金につきましては、御負担いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ先・連絡先
当機構 事務局
  Tel. 03-5282-2111   E-mail.info@hiia.or.jp